2012.08.13

天文 : ペルセウス座流星群 2012

0813_per_crop.jpg

極大夜だった8/12(日)深夜~8/13(月)未明は晴れ間は多少あったものの雲が多く、雲間を塗って850コマほど撮影しましたがこれが唯一の成果。肉眼では結構明るく見えた流星でしたが、こんなもんなのか。KissDN (APS-C)+18mmF3.5+ISO1600じゃあね。あまりに時代遅れな機材です。トリミング+コントラスト強調 (増感)+ノイズ低減処理をしてもこの程度。

今回、かなりのコマが大ピンぼけで悲惨なことに。ピントを合わせた後、ピント位置をテープで固定しなかったために、構図変更の際に振動でピントがズレた。こういう基礎はやはりちゃんとやんないと駄目ですな...orz

観望の方はまずまず楽しめました。10個以上は見たかな? 火球クラスの明るい奴も1個見れた。

片道40分程度の標高200m強のポイントで見たのですが、さすがに平地とは違いますな。平地では2等星ぐらいまでか見えない状況でしたが、観測地ではうっすら天の川まで見えた。

Categories: デジカメ / 天文

Category: 天文

Trackbacks

Trackback URL: