2012.09.11

釣り > 釣り入門 :
アオリイカの釣り方 ~エギング入門~ その1 シーズンとポイント編

エギング入門 目次: #1 シーズンとポイント | #2 タックル・用具 | #3 実釣

0911_eging_aori1.JPG

エギングとは?

エギ (餌木) と呼ばれる疑似餌を使って、比較的簡単に釣れてとっても美味しいアオリイカを狙ってみませんか? エギを投げて沈め、シャクり上げたり沈めたりを繰り返すと、それを餌と思い込んだイカが抱きついてきます。すかさずロッドを大きく煽ってエギの尻にあるカンナ針にイカの足を掛け、釣り上げる。これがエギングです。

エギはどうやら、エビを模した疑似餌、らしいです。シャクった際のビクッという動きも、エビ的なものなんでしょうね。でもエビは後進するのに対し、エギは前進するので、エビの動きそのものとは言えない。それでも釣れるんですから不思議ですね。イカの気持ちはわからない。

対象読者

想定している対象者は、釣りをほとんどやった事が無い、あるいはエギングを始めてはみたけれども全然釣れないという初心者の方々です。必要な道具、道具の準備、具体的な釣り方まで、一通り紹介します。

まず初めに断っておきますが、私は決して上級者ではないです。そこそこ安定して釣果が得られるけど上手い人には全然及ばずな中級者です。そもそも数釣りしたいという気持ちが薄く、ある程度安定して釣れれば充分なので、この先も永遠に中級者なんでしょう。ホームグラウンドは富山県の新湊周辺。そんな私が、これまでの経験をまとめて紹介してみたいと思います。

あくまで入門記事であり、全くの初心者が、ある程度安定して釣果を得られるようになれるような内容を目指しています。基本的なことを丁寧に説明していますので、文章量が多め。既にある程度安定して釣果を得られるようになっている中級者以上の方々には、あまり役に立たない内容だと思います。

アオリイカとは

0911_eging_aori2.JPG

日本各地の岸から釣りで狙うことができるイカとしては、最も代表的なものです。イカの中でも旨みはトップクラスであり、高級食材。

アオリイカは基本的には年魚であると言われており、春に生まれた個体のほとんどは、翌春に産卵後、寿命を迎えます。

しかし稀に2~3年生きる個体があるようで (※ ただし、複数年生きるアオリイカが存在するかどうかについてはよくわかっていないらしい。巨大サイズも実は1年モノなのかも?)、最大では胴長で50cm以上、目方で6キロを超えるサイズまで育つこともあるようです。その偉容もはや火星人と呼ぶにふさわしい。ですがそんな超大物を狙える場所は限定的であり、富山県周辺では恐らく無理でしょう。

シーズン

春と秋がそれぞれアオリイカ釣りのシーズンですが、春と秋では全く違います。

春には、親アオリが産卵のために接岸しますので、この親アオリを狙っての釣りとなります。胴長にして30cm以上、目方にして2kgを超える大物が狙えますが、数が少なく、ポイントもシビアで、警戒心も強いため、そう簡単には釣れません。能登外浦方面が親アオリ釣りで有名ですが、富山湾の新湊周辺では難しいようです。沖堤防なら稀に超過が報告されてますが、陸っぱりとなると。

秋には、その年の春に生まれたアオリイカの新子が釣り頃サイズまで大きくなります。年によって好不調はありますが、春アオリに比べて圧倒的に数が多く、比較的簡単に釣れるため、ルアー釣り初心者でも充分に楽しめるターゲットです。富山湾の場合は、胴長が10cmを超える9月頃からシーズンイン、11月いっぱいぐらいまでがシーズン。シーズン後半には胴長20cm前後、目方にして500g前後のものが狙えます。

この記事は、秋エギングを前提として書いています。

ポイント

時期や状況にもよりますが、割とどこでも釣れますよ。私の行動範囲である富山湾の高岡・新湊周辺では、西から雨晴マリーナ、国分港、伏木一文字堤 (沖堤防。国分港から渡船で渡る)、万葉埠頭、 新湊旧漁港 (新港西漁港)、新湊新漁港 (新港東漁港)、富山新港西堤 (海王丸パーク)、越の潟、富山新港東堤あたり。

0911_eging_sumi.JPG

目印は墨跡。釣り上げられたイカは堤防に置くと墨を吐くので、真新しい墨跡が多ければ釣れてる証拠です。好調な年の場合、一級ポイントは、開幕3週間で右の写真のような状況に。終盤には真っ黒でしょうね。もう一つの目印は釣り人。釣れているポイントには自然と集まってきます。

堤防の外向きがやはり有望ですが、富山湾では外向きは多くの場所にテトラが入ってます。足場の悪い場所に慣れているならスパイクを履いて乗っても良いですが、初心者にはオススメしません。イカは足場が良い各漁港内にも入って来ますし、万葉埠頭や富山新港東堤など、足場が良い堤防も多いので、そういう場所を選ぶと良いでしょう。

なお、港の内側で釣れるかどうかは時期によります。シーズン序盤は難しいかも。釣れてるかどうかは、先述の墨跡と釣り人の集まり具合で判断すると良いでしょう。墨跡が全く無く、他の釣り人も居ないようでは望み薄かと。

そして、ここに書いたシーズンやポイントの傾向は、あくまで富山湾における傾向です。場所が違えば傾向は違います。

時間帯その他

昼間も夜間も含めて一日中狙えますが、やはり朝夕のマズメ時 (日出・日没の前後) が最も有望。富山湾西部では、午前中はおだやかで午後は北風、という日が割と多いのですが、北風が出ると特に外向きでは向かい風となって釣り辛い。その点を踏まえると、風がおだやかな朝マズメがベストかな。

朝マズメは、真っ暗な間よりも、やや明るくなてってからの方が釣れる印象がある。やや明るくなってからならラインも見えるのでやり易いですね。

夕マズメは逆にだいぶん暗くなってからのほうが釣れる印象。しかし、ラインが見えない状況では初心者のうちは糸捌きがうまくできずトラブルが発生し易いので、明るい時間帯から釣り始めて明るいうちに感覚を掴んでおくと良いです。

強い向かい風が吹いて海が荒れた直後などは、濁りが強過ぎてアオリイカ釣りは成立し辛いので、あきらめて他のことやったほうが良いかも。秋の釣りなら、ハゼ釣りとか手軽で楽しいですよ。

天候をチェック

出撃前には天候チェックをお忘れなく。普通の天気予報より、雨雲レーダーや風速計による現況チェックが有用。雨雲レーダーによる雨雲の動きの短期予報は信頼性が高いです。

特に風の状況は要注意。向かい風や横風が強いと釣りになりません。5m/sを超えると厳しくなるかな。風の状況に合わせてポイントを選んだり、あるいは出撃を見合わせることも検討すべきでしょう。雨についてはむしろそれにより良い状況になることもあるようなので、大雨だったり雷鳴ったりしてないかぎりは、釣りキチの皆さんは雨具装備で雨の中釣っちゃいますね。

余談: 餌でのアオリイカ釣り

サビキで釣った活小アジを釣餌にアオリイカを狙うこともできます。イカ専用の掛針 (色んな種類がある) を使って狙うのですが、エギングよりアタリも少なく、掛けるのも難しい印象。その難しさが面白さでもあり、磯竿でのイカの引きはエギングロッドとはまた違う趣があるのですが、エギングの方がお手軽だと思います。餌のほうが釣りやすいとは限らないんですよね、釣りって。

エギング入門 目次: #1 シーズンとポイント | #2 タックル・用具 | #3 実釣

Category: 釣り入門

Trackbacks

Trackback URL: