2012.09.26

ギャラリー > 星空CG :
呉羽山から立山連峰を望む (ハイブリッド星景)

2012-03-20_kurehayama-finish.jpg

実写の写真にCGの星空を合成したハイブリッド星景画像です。今回は、長時間露光 (というより比較明合成) 風。星空CGは地理的・構図的に矛盾なく合成しています。星空CGは拙作「星風夜MMD」による。

元画像は、富山市の呉羽山から撮影した日の出の微速度動画より。よって解像度が1920x1080しかありません。2012年3月20日の撮影。

2012-03-20_kurehayama-src.jpg

そしてこれが、その動画から切り出したベース画像。つまり、今回は元々が星景写真で、しかし薄明開始後ということもあって星数が足りなくて寂しいので星空をCGに置き換えたというわけです。ですが星数はやり過ぎない程度に。自然な印象を大切に。

星の配置も元画像に習っていますが、位置合わせは完璧とは程遠い。ま、大体合ってればおkかな。おい、月どこ行った? 気にすんなw 現状の星風夜MMD、月出せないんですよ。なんか星の軌跡がギザギザに。多分、星風夜MMDからいったん動画として出力して、その動画を比較明合成して軌跡化したため。動画圧縮に伴う劣化が悪影響した。この点は要改善ですな。MMD側で比較明合成...出来るはず。多分。

空と地上との境界がシンプルなので、合成は容易な部類ですが、それでも全体をうまく馴染ませるためにそれなりの手間を掛けてます。星空CGをポンッと合成してはい出来た、なんていうほど簡単なアートでは無いんですよ、ハイブリッド星景って。

2012-03-20_kurehayama-trail-night2day.jpg

オマケ。元動画を、夜から日の出まで比較明合成したらこうなった。予想外の面白い結果にびっくりw

Category: 星空CG

Trackbacks

Trackback URL: