2012.10.20

天文 : オリオン座流星群2012 見た

お気軽観望モードで見たので、文字だけ写真無しです。さて、10/19(金)の深夜25:50~26:50の約1時間、オリオン座流星群の観望に行って来ました。

オリオン座流星群、母天体はあのハレー彗星なのですぞ。ペルセウス座流星群やふたご座流星群に比べると出現数はだいぶん劣るものの、毎年安定した出現を見せてくれる流星群。出現のピークが緩やかなのが特徴で、ピーク夜の前後±2~3日ぐらいは割と見れます。今年の予報ピークは10/20日夜なので、今回見たのはその前夜ということになります。

場所は車で30分ほど行ったところにある、標高200m程度のゴルフ場の駐車場。最高の星空が見られる場所とはいえないけど、冬の天の川もはっきりわかる程度には見え、視界も開けてる場所。装備は銀マット、毛布、枕というお気軽観望モード。今回は撮影せず。

10/19日深夜は、雲も少なく月明かりもない絶好の条件。1時50分頃に観望開始してすぐ、なんだか何個も見れて、1分間に3個ぐらい見れたりもして、どうなってんじゃこりゃーとちょっと思いましたが、なかなか流れない時間帯もあり、まあ例年通りの出現といったところでしょうか。

そろそろ撤収しようと思っていた2時47分頃、金星よりはるかに明るいぐらいの大火球がおおいぬ座の左に出現、永続痕が1分ぐらい見えてた。いやー、見事でしたね。

他の方が撮影したものですが、該当の火球の映像がありました。

1時間の観望で、数は正確には計数していませんが、散在含め20~30個といったところでした。2~3等ぐらいのさほど明るくない流星が多かったですので、空が良い場所じゃないと数は見れない感じです。

今後2~3夜はチャンスが続きます。月没は10/21(日)が22:20分頃、10/22(月)が23:30頃、10/23(火)が24:30頃であり、深夜なら月明かりの影響も無いです。ぜひ安全に気をつけて観望してみて下さい。

Categories: 天文

Category: 天文

Trackbacks

Trackback URL: