2012.10.27

料理 : ココス風ビーフハンバーグステーキの自作に挑戦してみた...

先日、初めてココスのビーフハンバーグステーキを食したのですよ。これ、凄いですねぇ。一般的なハンバーグとは別の料理です。

焼き加減はなんとミディアムレアで供される。焼石が付属していて、好みの焼き加減まで焼き上げながら食べる。どうやら玉ねぎや卵は使われていない。ビーフ100%で余分なもの無し。そして超粗挽き。5mm角ぐらいの肉片が多数確認できる。でもそんな超粗挽きでも、ちゃんと一体感ある塊としてまとまっている。

食感は、ステーキとハンバーグの中間といったところ。ハンバーグの柔らかさを持ちつつも、ステーキ的な噛み応えが楽しめる。そして味付けは薄塩で、スパイス類が適度に効いていて、肉の風味がうまく引き出されている。ソースに付けて食べるのも良いが、そのままもまた美味い。

芸術的 ですな、これは。そうだ俺はこんなハンバーグが食べたかった。そしてしかもお安い。なんという。素晴らしい!

で、これを家庭で作れないかな、と。もちろん、同レベルのものは再現できないと思う。だが雰囲気だけでも似せられれば嬉しい。まずは軽くレシピ(作り方)を検索してみたが、見つからない。まあとりあえずまずは試し。思い付きで作ってみることにする。

材料は...ステーキ肉!www

1027_b-steak000.jpg

じゃじゃじゃんっ! 4人分の材料として、肩ロースステーキを3枚買って来ましたよ。計約500gなり。

ココスのハンバーグは5mm角ぐらいの肉片がいっぱい入ってたので、市販の挽肉じゃ無理だし、薄切り肉から粗挽きにしても無理。厚切りの肉が必要。

ステーキ肉をハンバーグにしちゃうなんてもったいない!? いえいえ。

1027_b-steak001.jpg

カナダ産肩ロースステーキ、100g あたり 98 円なり。普通の合挽肉と同等か、むしろ安いぐらいのお値段。このスーパーでは普段から割と普通にこの値段でこのお肉が売ってます。お安いけど、普通にステーキとして食しても、噛み応えしっかりながら歯切れが良く美味しいお肉なんです。赤肉好きな俺にとっては、自宅で食すステーキはこれに限る。

まずは、切るっ!

1027_b-steak002.jpg

赤身と脂身に切り分けてから...

1027_b-steak003.jpg

1cm角程度に細切れに。

フードプロセッサーで粗挽きに

1027_b-steak004.jpg

まずはフードプロセッサーで脂身をよく挽いてみる。この脂身には、塩やスパイス類を投入してあります。塩の量は、今回は小さじ半分強でやってみた。この塩入り脂身ペーストで全体を繋ぐ作戦!

卵は入れません。俺はハンバーグには卵は絶対入れない派。肉の風味が損なわれると思う。

脂身ペーストが出来たら、赤身も投入して短時間だけ挽き、ごく粗い粗挽きに。1回じゃ無理な分量だったので、2回に分けて。

1027_b-steak005.jpg

ここまで来たらあとは普通のハンバーグと同じ。小判型に整形。

1027_b-steak006.jpg

大き目の肉片が美味そうですな~! ちゃんと塊としてまとまってるし、い~んじゃない!?

焼くぞ!

1027_b-steak007.jpg

まずはオーブンを 220℃ に余熱しーの...

1027_b-steak008.jpg

オリーブオイルでにんにく炒め~の...

1027_b-steak009.jpg

にんにくを取り出してから、表面だけ焼き~の...

1027_b-steak010.jpg

天板に並べ~の...って、ありゃりゃ~???

とりあえず余熱完了したオーブンに入れて5分焼いてみる。ちなみにここに一緒に並べたじゃがいもは、スーパーで買ったフライドポテト。焼き時間が短いので、生からじゃ無理なり。

1027_b-steak011.jpg

ソース作るお。肉焼いた後のフライパンにバターを投入して、胡椒、醤油、レモンで調味しただけ。ソースに関してはココス風、という点は意識してません。単なる俺的いつものハンバーグソースのひとつ。

出来た...???

1027_b-steak012.jpg

...............orz

1027_b-steak013.jpg

肉がうまく繋がってないし、しかも焼き過ぎたし...............orz

でもまあそれなりに美味かったよ

ステーキの細切れの塊を食べてるみたいな食感。これはこれでまあ美味い。というか、少なくとも不味くはない。けど、塊としての一体感が無い。こりゃーハンバーグとは言えない。なんか謎の失敗料理。

どうすれば...?

まず、いくらなんでも赤身は粗挽き過ぎた。もう少し挽くべきでしたな。

逆に、脂身は曳き過ぎた。そのせいで、脂身に混じった赤身が細かくなりすぎ、粉っぽい食感に繋がった。

でも、そもそも脂身ペーストなんかでは繋ぎになるのかよと。焼く前の段階ではうまくまとまっていても、脂身って焼くと溶けちゃうじゃん。繋ぎにならんわな。

つまり、赤身の半量をやや細かい粗挽きにして繋ぎに使い、それをごく粗い粗挽き (ただし粗過ぎないように注意) と合わせれば良かった...のだろうか。

う~ん。それで上手くいくかというと...怪しい気がする。もう1回ぐらいは挑戦したいけど...今回よりはちょっとマシと言う程度の完成度にしかならない気がする。

なんであれだけのごく粗い粗挽き肉を、あれほど一体感ある塊としてまとめられるのか。俺にはわからない。想像もできん。知りたいよ。誰か、うまく行ったらぜひご教示下さい...orz

凄ぇよ、ココス。よくやった。感動した。食べたこと無い方は、是非一度食べに行くべし。

Categories: 料理

Category: 料理

Trackbacks

Trackback URL: