2013.04.19

釣り : 黒鯛ホタルイカパターン絶好条件!

新月から少し過ぎた4/15日は、日中良い天気ではあったけどそれほど気温は上がらなかったかな。その翌4/16日の未明は穏やかな南風。これは...ほどほどにホタルイカがやってきそうな絶好条件...かも!?

実釣開始は午前4時過ぎだったと思う。思った通りだ、ほどほどにホタルイカが来ている。これはいけますぜ! いつもの釣り座にて、今春買った短磯竿 プレステート 飛礁 1.5-270 にて、ビーフリーズ65Sのホタルイカ系カラーを投げてみる。

表層から中層まで、レンジや投点をずらしつつ探る。散発的にガガッと硬めのアタリが来るが乗らない。引き続き投げ続けると、クククッ (...今だっ!) しっかり合わせて乗りました!

それほど重い引きではない。動きが小刻みでよく走るなぁ。これはメバル? メバルなら尺クラスかも?

















0416_chinu1.JPG

38cm の黒鯛 でした。時間は4時半ぐらい。ホタルイカパターンのルアチヌで仕留めたものとしては小ぶりな型ですね。このサイズだとチヌというよりチンタって感じ。写真じゃうまく写りませんでしたが、縞模様くっきりな綺麗な魚体でした。

普段は黒鯛1枚仕留めたら即納竿することが多いのですが、このサイズだともう1枚ぐらい釣っておきたいところ。釣りを再開する前にラインチェック。リーダーにちょっとした傷が見つかったので、痛んだ部分をカットしスナップを結び直す。ラインの傷のせいでバラしたくはないですからね。

そして再開。引き続きビーフリーズ65Sを投げる。グググ... (また来た! 合わせッ) グーンッ (お、なかなか重い...?) ...スパンッ ...???

痛恨のラインブレイク。ルアチヌでのライン切れって滅多に無いし、切れるほどの引きでもなかったのですが...切れた部分をチェックすると、どうやらスナップとの結び目で切れた。そういやさっき結び直した際、少し結び方が雑だったかもしれない。俺のミスに起因するライン切れですな。ビーフリーズ65Sはラパラに比べると少し割高なのでロストは痛い。そして、黒鯛の口にルアーを残してしまって申し訳ない。外れてくれますように。

スナップを今度こそ丁寧に結び直し、ルアーを超鉄板・ラパラCD7に変更して再開。だいぶん明るくなってきましたな。しばらく投げるとグググ... (よしっ) グィーン...!! しっかり合わせて乗った。今度は重~い引き。あんまり走らないがなかなか浮いてこない。だけどラインが引き出されるほどでも無い。焦らず粘って少しづつ浮かせて...お、顔見えてきた...ギューン...おおう元気に突っ込みやがる、少し竿を下げ気味にいなして...よし引きが弱まった...水面に頭を出して勝負あり。

0416_chinu2.JPG

黒鯛 42cm 仕留めました。大物では無いですが、よく太ってて美味そう。写真じゃうまく写ってませんが、今度の奴は1枚目とは違い、縞々がほとんど分からない黒っぽい魚体でした。

時間は5時ちょうどぐらい。つまり、同じ釣り座から似たようなルアー投げ続けただけで、30分で3ヒット2キャッチ。ホタルイカパターンが絶好条件でハマッた際の爆発力は凄いですな! 大満足の釣行でした。

プレステート 飛礁 1.5-270 良い感じです。グラス多めの安竿ですが、信頼のオールFujiパーツ。ルアチヌには弱すぎず強すぎず程よい感じ。ルアチヌ以外にも、小物からある程度の大物まで様々な魚種・釣法に幅広く使えそうです。キスのチョイ投げにも良さそうですな。

なお、磯竿用の小口径元ガイドではルアーをなめらかに引くことができませんので、元ガイドを投げ竿用のものに交換した上で使っています。

ロストしたビーフリーズはどうしよう。ラパラCD7と似たようなルアー、と言って良いと思うし、でもラパラより少し割高なのだよね。ならラパラがあればビーフリーズ要らん気がする。少なくともルアチヌでは。なので買い直すかは微妙。

0419_chinu_uma.jpg

黒鯛の昆布〆、黒鯛飯、黒鯛のすまし汁。

昆布〆は富山では定番の郷土料理で、魚 (魚種はなんでもOK) のサクを昆布に乗せるか挟むかして一晩寝かせたもの。魚に昆布の旨みががっつり染み込むとともに、昆布が魚の水分を吸って身が締まります。保存食という意味合いもあるので、その後2~3日ぐらいは刺身で食せます。今回は肉厚の良い出し昆布を使ったので、それはもう素敵なお味に仕上がってました。

黒鯛飯もすまし汁も美味かった。

ホタルイカ接岸の条件は、月明かりのない新月前後で、穏やかな南風の夜の、深夜から未明にかけてと言われています。日中暖かかった場合はなお良し。満潮に合わせてやってくることが多いですので、その前後は特に狙い目。

ホタルイカルアーで魚を狙う場合、ホタルイカの数が多すぎるとルアーには見向きもしてくれないので、ほどほどの接岸が好条件と言えます。

新月が4/10日だったので、4/19日現在ではもう半月を過ぎ、ホタルイカパターンの条件としては悪くなってきました。次の新月は5/10日頃。なので、その少し前のゴールデンウィークの頃からホタルイカパターンの好条件に突入します。それが今シーズン最後のチャンスになると思いますので、しっかり楽しみたいところです。今から楽しみ。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: