2013.04.14

釣り : ヒラメ開幕

0413_hirame.JPG

今年もヒラメの季節がやってきました。4/13日早朝に仕留めた32cm、ソゲサイズですが最初の一枚としては良型!

未明3時半頃からメバル・黒鯛狙いで実釣開始...するも、第一希望の釣り座には先行者がいて、隣に入ったものの、反応薄く。第一希望の釣り座の先行者はぼつぼつ釣れてた。しばらくしてホタルイカが1~2匹光ったが、そのタイミングでホタルイカルアー投げても反応無く。

少し明るくなってきた頃、見切りを付けて堤防先端に移動、ワームでヘチを攻めてみたらメバル数匹釣れたがいずれも小さい。

だいぶん明るくなってきてからSIN-ZOベイト4インチでヒラメ狙い。投点をずらしつつリフト&フォールで一通り探るも反応無し。次はワームをダイワの鮃狂 (フラットジャンキー) に切り替えて再度同じ範囲を探る。14gのジグヘッドを使っているので飛距離が出る。アクションは中層タダ巻き。すると途中で一瞬引っかかる感じがあって、ワームに歯形が。この歯形はヒラメっぽい。

うーむ、再度SIN-ZO投げてみるか? そういやさっき投げてたSIN-ZOはジグヘッドへの装着がいまいちバランス悪かったんだよな。アクションに悪影響出てるかも。

なので、新しいSIN-ZOベイトを今度こそなるべく中心ぴったりに丁寧に装着して、3度目の同じ範囲探る...と、来ましたよ! で、冒頭画像のソゲさんが釣れた。

いつもの時期、いつもの場所、いつものルアー、いつものアクションパターンで、いつも通りに釣れました。ヒラメさんは裏切らないですな。

これから1ヶ月半ほどは、富山湾の新湊周辺ではヒラメが釣れやすい時期です。サイズは20~30cm級が主で、希に40cm級が釣れます。河口周辺、堤防先端、漁港入り口付近、漁港の内側のスロープ付近等が狙い目。これらのポイントをSIN-ZOで中層リフト&フォールで探れば割と簡単に釣れるのでぜひ狙ってみて下さい。

コツとしては、同じ投点に何度も投げてもあまり望みはないので、少しづつ投点をずらしながら広く探ること、そして、ワームは底には着けずに、底から1~4m程度の中層を狙うイメージで探ると良いです。河口など、水深浅めの場合はSIN-ZOは使い辛いので他のルアーで。

SIN-ZO以外では、パワーシャッド3~4インチ、グラスミノーLあたりも定番かな。鮃狂 (フラットジャンキー) は今回初めて使ったのでまだ釣果は無いですが、初使用でアタリはあったので有望でしょう。これらはタダ巻きでもリフト&フォールでも可。

ところで写真のロッド、今春買ったロッドなんです。ヒラメにはちょうど良い感じ。もう少し使い込んでから改めて紹介したいと思います。

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: