2014.03.18

釣り : 春の気配! ~2月中旬~3月中旬の釣行記~

まだまだ寒い日が多いですが、海の中にはいよいよ春の気配が! 2月中旬~3月中旬にかけての釣行記をまとめて紹介します。

カレイ

今年の富山湾はカレイが好調と聞きます。一ヶ月も前の話になりますが、私も1回だけカレイ狙いに行ってみました。

0218_karei.jpg

カレイ 36cm! 2月18日の釣果、カレイとしてはかなりの大物の部類です。竿2本で、1本はカレイ仕掛けに青イソメ多めに付けてカレイ狙い、もう1本はキス仕掛けに青イソメ小さめに付けてキス狙いだったのですが、この子はキス狙いの竿に掛かりました。ハリス1.5号の仕掛けでこのサイズを引き抜くのはちょっとヒヤヒヤもんでした。

その後はカレイ狙いには行ってないのですが、多分、まだしばらくは楽しめるのではないでしょうか。

ホタルイカパターンのルアー黒鯛、開幕の時期!

富山湾の春と言えばやはりこれ! 毎年2月下旬~3月上旬頃に開幕、5月いっぱいぐらいまでがシーズンです。狙い目は、新月前後の大潮で、暖かでおだやかな南風の夜、夜半前後から明け方にかけて。ホタルイカが若干数接岸していれば期待大、ホタルイカが多すぎてもダメです。

今年は3月1日がその新月だったのですが、この前後は雪が降ったり北風だったりしてなかなかチャンスが無く。限られたチャンスに行ってみてもホタルイカいなかったりで。3月4日の未明は待望の南風...だったのですが、天候チェック忘れてて見逃し...orz

3月7日の未明は氷点下でホタルイカの期待薄、だけど風が無かったので出撃してみました。ホタルイカやはりおらず。明るくなってからワーム投げてたら何故か釣れたのがサゴシ (サワラの子)。写真は撮ってませんが、55cmほどで、サゴシとしてはごく普通のサイズです。サゴシの割には太ってた気がする。酢〆にしましたが、誠に美味でした! 酢〆といっても、がっつり〆るのではなく、塩で〆た後、15分ぐらいのみ酢に漬ける方式。

その後も早朝にサゴシが射程圏内の水面で跳ねてるのは目撃していますが、意外と釣れない。まだ時期的に早いのかも。でも早い時期の方が食味は良い気がする。結構、厳冬期の1月とかにもサゴシは釣れることがあり、春のサゴシより太ってて引きも良く味も美味しいです。春ほど簡単には釣れませんけどね。

そして3月9日の未明、日の出1時間前からの短期決戦。ホタルイカの光を1~2回だけ目撃、これは期待大! ホタルイカパターン鉄板ルアー、ラパラCD7を投げる。数投目、上層をデッドスローで引いてくると、コツーン (お?)、コツーン、コツ、コツ (これは黒鯛か?)、... (ルアーが止まった? 喰ったか?) ここで合わせるとグィーン (キター!!!) ...そしてバラしましたよ...orz その後はアタリなく終了。あうー...

黒鯛はルアーを一気にひったくっていくことも多いのですが、今回のように何度か軽くつついて来た後に、ルアーくわえてその場で静止することがあります。この場合はルアーがその場で引っかかったように感じされるのですが、デッドスローで引いているので、その判断は難しい。今回は (喰ったか?) というように、確信が持てないままアワせたため、アワせが甘くなって掛かりが浅かったことがバラしの原因だと思いますね。俺のミスです。難しい...。

この日の後は、もう月明かりの影響も出てきて、チャンスはありませんでした。次の新月前後までおあずけです。

メバル

メバルは黒鯛釣行の際に併せて狙ってますが、あまり釣れない。多少は釣れる。まあ俺下手ですので、この時期のメバル釣りはよくわからんのですよ。もう少し暖かくなってからが俺にとっては本番です。

ヒラメ

富山湾の春にはヒラメがよく釣れるのです。開幕時期は3月上旬頃、早めの時期には魚影が薄い反面、良型の期待が大きいのです。黒鯛・メバル釣行の後に明るくなってから狙ってます。

3月12日。明るくなってから、ヒラメの鉄板ポイントでヒラメの鉄板ルアー、心臓ベイト4インチ+心臓ヘッド7gを投げる。

投点をずらしつつ底層リフト&フォールで探ってきた数投目、フォール後のリフトが重い...慌ててあわせるも乗らず。同じ投点にもう一投、また来た、でも乗らず。そのままリフトし直してもう一度フォールさせると...またまた来た、でも乗らない。うーむ。

少しだけ場を休めてから、同じ投点にもう一回...リフト後、テンションを掛けずにフリーフォール、ラインをよく見て...ラインが走った、ここで思い切ってあわせてキター!!! 良型だがタモが要るほどじゃないな、このサイズなら一気に引き抜いた方が取り込みは確実、ひょいっと!!

0312_hirame.JPG

36cm! ソゲサイズ (釣り人は、1kg未満程度のヒラメをソゲと呼ぶ。ヒラメは最大では 1m 級まで大きくなる) ですが、なかなか釣れない良型の部類。食べ頃ですね!

今回みたいにヒラメが何度も何度も繰り返しルアーにアタックしてきたのは初めてです。心臓ベイトの威力はすごいとはいえ、せいぜい2回アタックしてくると反応無くなるのが普通。よほどおなかが空いていたのでしょうか。

一晩寝かせて熟成させてから...

0312_hirame_sashimi.jpg

いやー美味かった! ヒラメや黒鯛が釣れると気分は春モードです。そういえばこの子の胃の中身は...チェックしてないや。この写真で分かる通り、内蔵出さずに捌いたのですよ。その後胃の中身をチェックせずに骨は内臓ごと捨てちゃいました。

ヒラメ、狙ってる人は意外と少ないのですが、割と簡単に釣れるのですよ! ぜひ狙ってみて下さい! 釣り方は こちら!

悲しき別れ

3月15日の朝の釣行、メバル、ヒラメ、サゴシ狙い。カスりもせず。サゴシ水面で跳ねてたけどなぁ、意外と喰ってくれないもんですな。で、帰宅後にあんぐり。

ポイントから車に戻る途中、釣り具バッグの口が開いたまんまになってて、ルアーケースを1個落っことしてたのですよ。恐らくは海ぽちゃしてるので回収は無理。

入ってたのはラパラCD7、ビーフリーズ65S、ワンダー80、Zクイッド75F、ラウズ85Sが各1個ずつ...だったはず...。ざっと7千円ぐらい? ラパラCD7は何年も使ってきて黒鯛何枚も仕留めてきた個体だった...黒鯛の歯形がいっぱい残ってて格好良かったのに...悲しき別れ...。そしてビーフリーズ65Sはほぼ新品だった...。アホだ俺...orz

皆さんも気をつけましょうね。他の人の釣りブログでもこういう話は稀に見ることですので...!

Category: 釣り

Trackbacks

Trackback URL: