天文: 2010年

富山県で天体写真を楽しんでいます。

Entry List

2010.06.15

その他 : 【詳報】トラックに追突された

マックノート彗星 (C/2009 R1) が見頃を迎えていた。4~5等級程度と決して凄く明るい彗星ではないが、それでもここまで明るくなった彗星は久々。ぜひ一度撮影したいと考えていた。

ここ何日かで快晴の夜は何度かあったが、快晴といっても雲がないというだけで透明度がひじょうに悪く、撮影は見送ってきた。6/14日の夜は、雲は少しあるものの透明度はまずまず。これならいけるかも、と思って、撮影機材を積み込み近場の観測地へ。

家を出たのが日付が変わって6/15日の午前1時45分頃、観測地着が午前2時15分頃。残念ながら雲が全天の8割を覆っていた。南側だけは少し晴れて、射手座とその付近の天の川がはっきり見えていた。しかし、赤道儀のセッティングに必要な北極星付近や、彗星がある北東の低空は全く晴れる様子がない。赤道儀を三脚に据え、カメラも載せたものの、極軸合わせすらできないまま時間が過ぎて行く。

この時期は明るくなるのが早い。3時をやや過ぎると、わずかに明るくなってきた感じ。こうなると、淡い彗星の撮影はもう無理だ。あきらめて片付け、3時半頃に観測地を出発し、帰途へ。

そして、午前3時45分頃、国道で信号待ちをしていると・・・

【詳報】トラックに追突された

2010.06.14

真・オカエリナサイ、はやぶさ / Welcome Back Hayabusa

改訂最終版オカエリナサイ

続・オカエリナサイ、はやぶさ / Welcome Back Hayabusa

はやぶさの帰還映像集+トップをねらえ。オカエリナサイ、はやぶさ

2010.06.13

オカエリナサイ、はやぶさ / Welcome Back Hayabusa

UStreamのストリーミングライブ中継、人大杉で紙芝居だったけど、確かにその光を見ました。ありがとう。上の動画の2:58秒あたりからです!

再突入の光、静止画: http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20100613-OYT9I00808.htm

はやぶさが撮影した最後の画像: http://twitpic.com/1wh78q

2010.05.10

プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」 観客動員数100万人突破!

KAGAYAスタジオが手掛けた全天周CGプラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」の観客動員数が100万人を突破したそうです! いやー凄い! 全国各所でまだまだ上映中ですので、未見の方は是非足を運んでみて下さい。富山市科学博物館でも上映中ですよ!

2010.03.17

ギャラリー > 月・惑星・太陽 :
冬の大三角にかかる月暈 (Lunar Halo over Winter Triangle)

199910_lunar_halo.jpg

月暈は写真に撮るとほんのり虹色。月暈はあまり珍しい現象ではありませんが、雲がやや厚すぎて星が全く見えないことが多く、このような星との共演はちょっと珍しいかも。クリックして拡大して見て頂けると、冬の大三角やオリオン座がわかると思います。

1999年10月末、東京都小金井市にて。ネガフィルムにて撮影

2010.03.16

ギャラリー > 星景 :
秋の夜明け (Dawn of the Fall)

20000903_dawn_fall.jpg

明るくなり始めた夜空に
冬の大三角が昇るようになれば
秋はもう、すぐそこです。

2000年9月初旬、野辺山高原にて。
カラーリバーサルフィルム使用、赤道儀にて追尾撮影。

この時間帯は露出の加減が難しいのですが、
運良く適正露出が得られました。

2010.03.15

ギャラリー > :
涙 (A Tear)

20000730_dawn_moon.jpg

夜空を見たら 小さな星が
涙のように 光っていた
いたずらがすぎて 叱られて泣いた
子供の頃を思い出した
(武満徹「小さな空」より)

この月もまた、どこか涙をたたえた瞳のよう。時間には表情がありますね。

2000年7月末、富山県高岡市にて。300mm望遠レンズ+リバーサルフィルム