天文: 2011年

富山県で天体写真を楽しんでいます。

Entry List

2011.12.23

ラヴジョイ彗星がすっごい!!

国際宇宙ステーション (ISS) から撮影されたラヴジョイ彗星 (C/2011 W3) いやー、すっごいですなぁ!!

ラヴジョイ彗星がすっごい!!

2011.12.11

ギャラリー > 月・惑星・太陽 :
皆既月食 / Total Moon Eclipse Dec 10, 2011

20111210_moonexp.jpg

2011年12月10日夜の皆既月食、天気予報では雨ということでほとんどあきらめてたんですが、奇跡的に晴れてくれて見ることができました。撮影データ: 2011-12-10 23:19 JST、EOS Kiss Digital N、300mmF4開放+1.4倍テレコンバータ、ISO 1600、露出1秒 (固定撮影)。わずかにトリミングしてます。現像時にマイナス0.7段露出補正、Noise Ninja でノイズ補正。

皆既月食はそんなに珍しい現象ではなく、日本国内で見ることができたものとしては、1990年~2010年の21年間で8回ありました。しかし富山県内では天候に恵まれることが少なく、8回中、富山県内で見れたのは3回だけだったようです (参考: 富山市天文台: 月食)。今回の前に見れたのは2007年8月、しかし私にはこれを見た記憶がありません。その前となると、2000年7月ですので、実に10年以上ぶりだったわけです。私はこのときは東京で見てましたが、私にとってもそれ以来の皆既月食でした。

次に日本で見れる皆既月食は、2012年6月4日になります。

2011.10.06

粉雪、舞い落ちるか? ジャコビニ流星群、10/8(土)深夜~翌未明にかけ極大

(※ この記事は、2011年の話です。2012年については、私の知る限りでは突発出現は予報されていません。よってジャコビニ群は2012年についてはほぼゼロかと。でも夜空をずっと眺めていれば、ジャコビニ群以外の流星を1時間あたり2~5個程度見れますよ。)

例年はほぼ全く出現しないが、13年毎に大出現する傾向があることで知られるジャコビニ流星群 (10月りゅう座流星群) の極大夜が近づいています。今年は、前回1998年の大出現からちょうど13年目。

ジャコビニ流星群の大出現は、あったとしても通常、短時間で終わります。前回1998年の大出現の際は、まだ流星群の極大日時の予報精度は極めて低く、事前予報とはずれた時間帯に出現が起こったため、予報を参考に観測した人の多くが見逃すという結果に終わっています。

流星群の予報は、近年では、ダストトレイル理論という新理論の登場により、比較的高精度の出現予報が可能になっています。この新理論がジャコビニ流星群に対して試されるのは、今年が初めてとなります。その新理論による予報では、今年のジャコビニ流星群は、ピークが2回あり、

粉雪、舞い落ちるか? ジャコビニ流星群、10/8(土)深夜~翌未明にかけ極大

2011.09.25

大型衛星UARS大気圏再突入の偽動画、その光点の正体は?

カナダ上空での大型衛星UARSの大気圏再突入、と題された動画、私はうっかり本物と信じ、私を含め多くの人によって Twitter 上で拡散してしまいましたが、どうやら偽動画だったようですね。この動画について、情報をまとめてみます。

大型衛星UARS大気圏再突入の偽動画、その光点の正体は?

2011.09.24

大型衛星UARS、カナダ上空で再突入が撮影された! ←偽動画でした orz

カナダ・アルバータ州オコトクス上空にて、大型人工衛星UARSが大気圏に再突入 (落下) する模様が動画撮影されました! 多数の光点が連なって夜空を移動していっています。こういうことを言うと不謹慎かもしれませんが、一度は見てみたい光景ですね!

9/24 18:00追記: と、思ったら、どうやら偽動画の模様。上の動画がアップロードされる3時間前、全く同じ動画がアップロードされていた。こっちにはオクラホマって書いてある orz

この光点の正体について検証してみました:

大型人工衛星UARS 日本で再突入が目撃できる可能性は?

0924_uars.jpg

本日9/24(土)中に大気圏に再突入し、その破片の一部が燃え尽きずに地表まで落下すると予想されいているアメリカの大型人工衛星UARS。

現段階でのNASAの予報 (Update #10 Fri, 23 Sep 2011 11:45:08 PM GMT+0900) によると、落下が予想されるのは、米東部時間で23(金)遅く (late Friday, Sept. 23) から、24(土)の早い段階 (early Saturday, Sept. 24) ということです。これは、日本時間に直すと、だいたい24(土)の正午±数時間、ということになります。

09:00 更新: NASAの最新予報 (Update #11 Sat, 24 Sep 2011 08:30:46 AM GMT+0900) では、日本時間9/24(土)正午から午後4時の間。エアロスペース社もだいたい同じ予報を出しています。

大型人工衛星UARS 日本で再突入が目撃できる可能性は?

2011.08.15

ギャラリー > 微速度撮影 :
ペルセウス座流星群 2011 微速度撮影 / Perseid Meteor Shower 2011 Timelapse

8月9日の夜から8月14日の未明まで、天候にも恵まれて5夜連続で撮影したものを編集。大火球が1個写りましたし、遠雷と流星の共演も撮影できました!

ペルセウス座流星群 2011 微速度撮影 / Perseid Meteor Shower 2011 Timelapse

2011.08.09

微速度撮影テクニック : 微速度撮影入門 ~撮影から動画の処理まで~

昼間の風景や、夜景や星空の微速度撮影 (Time-Lapse、タイムラプス、低速度撮影、インターバル撮影、コマ撮り) に挑戦してみませんか? 微速度撮影とは、数秒~30秒に1コマ程度の画像を撮影し、それを繋げて動画にする手法です。上の動画が私が撮影した、2009年のふたご座流星群です。2晩かけて撮影。各種フリーソフトを利用することにより、結構手軽にできますよ! 静止画撮影はある程度経験あるけど動画については全くの初心者という方を対象に、必要な機材、撮影、動画化、動画の色調補正まで一通り解説します。なお、処理方法は Windows PC の場合です。Mac の場合は iPhotoiMovie で出来るとか。ここでは解説しませんので各自調べてみて下さい。

星空を撮影する場合は、撮影場所はなるべく街明かりから離れた山の上が良いですし、レンズも開放F値の明るいものが望ましいです。しかし、都市郊外の平野部で、レンズキット付属のズームレンズを使って撮影しても、それなりには写るものです。まずは試してみて下さい。

(※とりあえずはテキストのみにて暫定公開中。後日、画像追加してよりわかりやすくしたいです。)

微速度撮影入門 ~撮影から動画の処理まで~

2011.08.08

ギャラリー > 微速度撮影 :
ささやかなる好夜 / A Starry Timelapse [Aug 8, 2011]

星空の微速度撮影動画です。すばる、ヒヤデス星団、ぎょしゃ座のあたりを地味に撮影。この夜は夜釣りで中型黒鯛2枚釣れて、夜釣りと並行で撮影してたこの動画が良い感じで­、帰宅後にインディーカー観戦したら佐藤琢磨がキャリアベストの4位フィニッシュ。ささやかな喜びがいくつも重なった夜でした。BGMは Green Tone さんの "Lonely".

2011.03.29

松本零士監修で「はやぶさ」アニメ化 4/3(日) 19時~フジTV

フジTV 4月3日(日)19時~
フジテレビ夢スペシャル
タモリ×SMAP僕らは未来を信じよう!
~宇宙への挑戦と奇跡の物語~

小惑星探査機「はやぶさ」感動秘話を松本零士監修で初アニメ化

『ワダチ』 は傑作。日常から宇宙スケールの非日常への飛躍が見事。文庫1冊で完結していて読み易いので、ぜひご一読を。