天文: 2012年

富山県で天体写真を楽しんでいます。

Entry List

2012.12.05

ギャラリー > 星空CG :
[星ナビ掲載作] 飛翔 (ハイブリッド星景)

1205hishyou_med.jpg

月刊「星ナビ」2013年1月号のギャラリーコーナー掲載作、ハイブリッド星景「飛翔」です。前景のシルエットは実写、背景の星は拙作「星風夜MMD」によるCGです。是非フル解像度版も閲覧してみて下さい、星ナビの掲載サイズでは再現しきれなかったディティールがわかります [ フル解像度版 4000x2667 ]

ちなみに「星ナビ」のギャラリーコーナーって、フォトコンテストではないんです。写真にかぎらず、天文アートなら何でも応募可 なんですよ。今でこそほぼ写真のみですが、創刊当初は素晴らしい手描きイラストを定期投稿してる方がいらっしゃったのを覚えています。確か本格的な3DCGアートもあったような。

星風夜MMDについて

[星ナビ掲載作] 飛翔 (ハイブリッド星景)

2012.10.20

オリオン座流星群2012 見た

お気軽観望モードで見たので、文字だけ写真無しです。さて、10/19(金)の深夜25:50~26:50の約1時間、オリオン座流星群の観望に行って来ました。

オリオン座流星群2012 見た

2012.10.03

ギャラリー > 星空CG :
富士山8合目から山中湖を望む (ハイブリッド星景)

2012-09-28_fromFuji_FinishWeb.jpg

明け方の風景写真にCGの星空を合成したハイブリッド星景画像です。今回は、星空CGは地理的・構図的に矛盾なく合成しています。星空CGは拙作「星風夜MMD」による。[ フル解像度版 - 4000x2667px ]

富士山8合目から山中湖を望む (ハイブリッド星景)

2012.09.27

ギャラリー > 星空CG :
遥かなるオリオン (ハイブリッド星景)

0927_FantasySky_Fin_MedWeb.jpg

日中撮影の空の写真にCGの星空を合成したハイブリッド星景画像です。夜間にこんな感じで雲が写るのはあり得ないので、心象星景って感じ。かなりお気に入りの作品。星空CGは拙作「星風夜MMD」による。[ フル解像度版 - 4000x2250px ]

遥かなるオリオン (ハイブリッド星景)

2012.09.26

ギャラリー > 星空CG :
呉羽山から立山連峰を望む (ハイブリッド星景)

2012-03-20_kurehayama-finish.jpg

実写の写真にCGの星空を合成したハイブリッド星景画像です。今回は、長時間露光 (というより比較明合成) 風。星空CGは地理的・構図的に矛盾なく合成しています。星空CGは拙作「星風夜MMD」による。

呉羽山から立山連峰を望む (ハイブリッド星景)

2012.09.25

ギャラリー > 星空CG :
北十字の黄昏 (ハイブリッド星景)

2012-07-31_AfterSunset_Finish.jpg

実写の風景写真にCGの星空を合成したハイブリッド星景画像です。1月中旬の午後6時頃、まだ僅かに明るさの残る黄昏時の西の空に北十字 (はくちょう座) が立つ、みたいなイメージ。星空CGは拙作「星風夜MMD」による。

北十字の黄昏 (ハイブリッド星景)

2012.09.24

ギャラリー > 星空CG :
乙女高原から富士を望む (ハイブリッド星景)

OtomeFuji-Finish-Web.jpg

日中撮影の風景写真にCGの星空を合成したハイブリッド星景画像です。今回は、星空CGは地理的・構図的に矛盾なく合成しています。星空CGは拙作「星風夜MMD」による。[ フル解像度版 - 約4000x2600px ]

乙女高原から富士を望む (ハイブリッド星景)

2012.09.20

ギャラリー > 星空CG :
実写風景+星空CGのハイブリッド星景テスト

amaharashi_orion_cmp_test.jpg

実写風景+星空CGのハイブリッド星景画像の試作品。ベースの風景写真は日中撮影のもので、月っぽく見えるのは太陽。それを夜っぽい色調に補正した上で、拙作「星風夜MMD」による星空CGを合成してみた。これは30分ぐらいで作ったので粗もあるけど、完成度を高めた上で星ナビのギャラリーにでも応募してみようかな。星ナビのギャラリーは写真限定ではなくイラストやCGも可なので。将来的にはこのような合成画像が天文アートのいち分野として定着してくれると嬉しい。

2012.09.04

ギャラリー > 星景 :
変電所と昇るオリオン 比較明合成 2012-08-20

0820_orion_cmp2_r.jpg

8/20日未明の撮影。今年の晩夏の未明は豪華でしたな。昇るオリオンに、木星と金星が加わって何とも華やかでした。この絵には木星は入ってないですが。

変電所と昇るオリオン 比較明合成 2012-08-20

2012.08.26

ソフト開発雑記 > プラネタリウム「星風夜」開発 :
胎内星祭りにてプラネタリウム「星風夜MMD」を展示したお話

0826_tainai_booth1.jpg

行って来ましたよ、胎内星まつり2012。日本最大かつ世界最大級の星祭りです。富山からはるばる片道320km、がんばって車で遠征してきました。写真は私の「星風夜MMD」のブースの様子。隙間から初音ミクさんが見えますね。

胎内星祭りにてプラネタリウム「星風夜MMD」を展示したお話

2012.08.13

ペルセウス座流星群 2012

0813_per_crop.jpg

極大夜だった8/12(日)深夜~8/13(月)未明は晴れ間は多少あったものの雲が多く、雲間を塗って850コマほど撮影しましたがこれが唯一の成果。肉眼では結構明るく見えた流星でしたが、こんなもんなのか。KissDN (APS-C)+18mmF3.5+ISO1600じゃあね。あまりに時代遅れな機材です。トリミング+コントラスト強調 (増感)+ノイズ低減処理をしてもこの程度。

ペルセウス座流星群 2012

2012.07.27

ギャラリー > MMD動画 :
MMD用プラネタリウムを作りました ~星めぐりの歌~ [初音ミク]

2012/7/27(金): ニコニコで1万再生達成! 感謝です!

MikuMikuDance (MMD) というフリーの定番3DCGアニメーション作成ソフト用にプラネタリウム・エフェクト「Starry Winds ~星風夜~ for MMD」(略称: 星風夜MMD) を作りました。デモ動画と合わせて公開します。動画を YouTube で視聴

使用楽曲は宮沢賢治「星めぐりの歌」、Kagayaさんのプラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」劇中のアレンジ (編曲: 加賀谷玲さん) のミクさんによるカバー (閑古猫さんによる) です。

Starry Winds ~星風夜~ for MMD 配布ページはこちら

MikuMikuDance に初挑戦

MMD用プラネタリウムを作りました ~星めぐりの歌~ [初音ミク]

2012.07.04

ソフト開発雑記 > プラネタリウム「星風夜」開発 :
プラネタリウム「星風夜MMD」開発雑記

0630_sw_popTitle.jpg

プラネタリウム「Starry Winds ~星風夜~ for MMD」を作りました。紹介動画およびダウンロードはこちら「星めぐりの歌」PVはこちら

星風夜 MMD の特徴

プラネタリウム「星風夜MMD」開発雑記

2012.06.28

自作ソフト配布 > MMD配布物 :
プラネタリウム 「星風夜MMD」 v0.6c 配布

※ 最新情報は 星風屋ブロマガ@ニコニコ をご参照下さい。

MikuMikuDance (MMD) というフリーの定番3DCGアニメーション作成ソフト用にプラネタリウム・エフェクト「Starry Winds ~星風夜~ for MMD」(略称: 星風夜MMD) を作りました。その紹介&使い方説明動画です。動画を YouTube で視聴 (720P)

Starry Winds ~星風夜~ for MMD v0.6c のダウンロード

プラネタリウム 「星風夜MMD」 v0.6c 配布

2012.06.06

ギャラリー > 月・惑星・太陽 :
金星の日面通過 コンポジット画像

0606_sun_v-cmp-crop.jpg

6/6日朝の金星の日面通過のコンポジット画像です。拡大すると金星がわかりますよ。一応写ってくれて良かった。コンパクトデジカメ (Pentax Optio W80) の光学最大ズーム (35mm判換算140mm相当)+星ナビ太陽フィルター+トリミング。雲が良い感じなコマを選んでスクリーン合成しており、よってコンポジット間隔は不等間隔です。

んー、10秒間隔でインターバル撮影してあるので動画にもできるけど、10秒間隔じゃあどうしても動きが粗い。動画どうしようかな。

2012.06.03

超絶クオリティの全天の星空の写真サーベイ画像

Nick Ringer さんによる全天写真サーベイ・プロジェクトが凄すぎます!

サーベイとは、日本語では掃天観測と呼ばれ、つまりは全天をくまなく撮影するということ。そしてそれを繋げて全天 (南天含む) の写真を作るのがこのプロジェクトなんですが。上記サイトにアクセスして、INTERACTIVE 360° をクリックしてみて下さい。そしてくるくるして、ズームしてみて下さい。なんとまあ...

超絶クオリティの全天の星空の写真サーベイ画像

2012.05.21

ギャラリー > 微速度撮影 :
木漏れ日のカチューシャ日食 微速度撮影 2012-05-21

カチューシャ日食 (金環日食にはならず) を自宅の近所の富山県・高岡古城公園にて微速度撮影しました。快晴無風で狙い通りに撮れましたよ!

木漏れ日のカチューシャ日食 微速度撮影 2012-05-21

2012.04.28

高岡向陵高校の天文台開放日にお邪魔しました

0428_koryo_dome_out1.JPG

地元高岡の私立高校、高岡向陵高校 の天文台開放日にお邪魔しました。雲ひとつ無い絶好の快晴でした。この高校にはごく最近、望遠鏡ドームが新設されており、定期的に一般開放もしてくれています。開放日程は高校の公式サイトで案内がありますよ。この高校は、天文台を備える富山県内唯一の学校です。小学校にも高校にも大学にも、天文台を備える学校は他にはありません。なお、このブログは許可を得て書いてます。

高岡向陵高校の天文台開放日にお邪魔しました

2012.04.11

自作ソフト配布 > VirtualDub :
VirtualDub: Kagayaki フィルター (瞬き機能付きソフトフォーカス&クロス)

[ Click here to read English version of this article ] Kagayaki フィルターは、星空動画の情感を演出する、瞬き機能付きソフトフォーカス&クロスフィルターです。星空の微速度撮影動画の処理に加えて、静止画 (連番静止画ではなく単枚の静止画) を動画に用いる際の演出用にもお勧めです。夜景や花火にも適しており、汎用ソフトフォーカスフィルターとしてもご利用頂けます。

デモ動画

ぜひフルスクリーン&HDモードで閲覧して下さい。

ダウンロード

VirtualDub: Kagayaki フィルター (瞬き機能付きソフトフォーカス&クロス)

2012.02.12

エンターテインメント : アニメ「あの花」の聖地巡礼・微速度動画が素晴らしい! (星空含む)

「あの花」とは、TVアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のこと。内容としては、幼少の頃の仲良し6人組は、そのうち1人が遠くに旅立ったことをきっかけにバラバラになり、高校生になった今は、すっかり疎遠になっていた。しかし、遠くに行っていたその1人がある日突然戻ってきたことをきっかけに、失われていた絆を再び築いていく、という友情と恋の物語。こう書くとめっちゃベタでクサいですが、本当に純粋で、本当にベタなお話。全11話と短めなので見易いと思います。今回のブログ記事はネタバレ無しで書いてあります。

「とらドラ!」のメインスタッフ3人が手掛けたオリジナルアニメということでレンタルで借りて見てみましたが、良かったです。公式サイトに掲載されているプロモーションビデオ第1弾が素晴らしい出来なので、まずはそれを見てみることをお勧めします。

そしてこの作品は、埼玉県の秩父が舞台となっており、実在の風景が多数登場します。その秩父の複数の聖地で微速度撮影を行ない、全1万コマ超の撮影で作られたのがこの動画。いやー素晴らしい。そして懐かしい。秩父は、何度も星見に行ったことがある思い出深い場所。

アニメ「あの花」の聖地巡礼・微速度動画が素晴らしい! (星空含む)

2012.01.11

エンターテインメント : アニメ「とらドラ!」の星空

toradra25-01.jpg

「とらドラ!」なるラブコメアニメを見た。深夜にCS付けたらたまたまやってて、どうやら不機嫌女子萌え属性があるらしい俺はすっかりハマって、動画配信サイト「ShowTime」の有料配信でつい全話見てしまった。ShowTimeでは、第1話は会員無料、全25話の30日パックが1,764円

タイトルの「とらドラ!」とは、「虎と竜」の意味。虎とは、ヒロインの小柄な凶暴美少女「手乗りタイガー」こと逢坂大河のことであり、竜とは主人公の高須竜児のこと。

不機嫌女子...とはつまりツンデレでいいのかな? でも他の作品いわゆるツンデレキャラにはあまり萌えないかも。とらドラの大河の場合、主人公に対してはデレを見せることはあんまり無くて、その代わりに陰を見せる。そういうところに萌えますな。

この作品の星空のシーンが秀逸だったのでキャプ付きで紹介したい。

「とらドラ!」 第15話「星は、遠く」より

アニメ「とらドラ!」の星空

2012.01.03

Mac用太陽系シム「Cosmographia」が素晴らしい!

新年早々、メインPC(Win Vista)が起動しなくなってしまった。電源入れて数秒で落ちる、BIOS画面にすら行かない。多分これは電源が逝った。2年前にも同様の症状で電源を交換して直った。また2年で逝ったか。前の電源も今の電源も15k円ぐらいの代物、安物ではないけど、24時間起動しっぱなしだと2年で寿命なのかなぁ?

やむなく Mac mini を久々に立ち上げました。で、Mac App Store を初めて覗いてみて、そこの教育カテゴリで見つけたこの「Cosmographia」(コスモグラフィア) という太陽系シミュレータ(プラネタリウムソフト)が恐るべきクオリティ! Mac mini 上で、このクオリティで滑らかに動きます。価格は450円だったはず (今見たら850円になってる。期間限定セール中だったのかな?)。Win版は今のところ存在しない模様。

Mac用太陽系シム「Cosmographia」が素晴らしい!