デジカメ: 2010年
Entry List

2010.09.20

釣り : のとじま水族館&海釣りセンター

のとじま水族館と、それに併設されている海釣りセンターに行ってきました。

富山県高岡市の我が家からは、車で片道1時間半の距離。今日はたまたま「ツール・ド・のと」というサイクリング大会の開催日で、道中では対向車線に何百台もの自転車が列をなして走行していました。長距離を長時間占有するわけにもいかないため、一般車両も走る中でしたので、一般車両にとってはいい迷惑ですし、自転車を追い越そうとする車とこちらの車がすれ違う際は、少々危なっかしくも思えました。そんな中ですので、大会参加者は当然、全員がしっかりヘルメット着用。こういう姿を見て、普段から普通に自転車を乗る際でもヘルメットを着用する人が増えると良いですね。

自転車の死亡事故は多いですが、その中では、ヘルメットを着用していれば助かったかもしれない例も多いと思います。自転車に乗る際は、ヘルメットを着用しないのが当たり前、という悪しき常識が、人を殺しています。そういう悪しき常識に安易に従ってしまっている人たちは、ある意味では皆、人殺しと言えるのかもしれませんね。そういう悪しき常識に従っている人たち一人一人が、その常識を常識のまま維持することに協力しているわけですから。

普段でも、自転車通学中の中学生とかは、校則で義務付けられていることもあって、ほぼ全員がちゃんとヘルメットを着用しています。安全上必要だからそうしているわけですし、そうできています。一部には、私服の際もちゃんとヘルメットを着用している中学生も見かけますね。しかし、それは中学生だけです。中学を卒業すると着用しなくなる人がほぼ全員だと思いますが、中学を卒業したからといって必要無くなるものではないでしょう。むしろ、大人が率先して着用すべき。中学生でもできること。大人もできて当然ですし、やるべきことです。でも、自転車で巡回中のおまわりさんすら着用していませんよね。本当、おかしいですよ。この国は、おまわりさんまで人殺しの一味なんでしょうかね。

少々毒の多い話になってしまいましたが、私は言い過ぎだとは全く思いません。ヘルメットを着用する、この程度のことで守れる命が少なからずあるのに、そうしない人があまりに多いのが不思議かつ悲しくて。髪型が崩れるのが嫌、というのがその理由の一つらしいですが・・・頭悪すぎる。だからつまんない事故で死んでしまうわけですよ。そういう事故死に、同情の余地はありません。ですので、安易に同情してはいけないと考えています。

0920_noto.JPG

話を戻します。能登島の海といえばこんな風景。静かな海に、釣り用の筏が浮かんでいます。写真に写っている筏は2つだけですが、同様の筏は各所にいっぱいありました。いずれ一度は行ってみたいな。

さて、のとじま水族館は去る今年8月20日に新しい目玉施設がオープンしたばかりで、入館後最初に入るのが、その施設になっていました。

のとじま水族館&海釣りセンター

2010.05.03

ギャラリー > 生き物 :
メダカさんの空 (メダカの水中撮影動画) / Killifishes Underwater (video)

庭の池に防水カメラを沈めてみました。メダカさん達に癒されて下さい♪

撮影について

Pentax の防水デジカメ Optio W80 での撮影です。ピントはMFにして適当に固定してあります。途中、浅い部分に沈めて1cmマクロモードでも撮影しましたが、メダカさんまでの距離が2cmぐらいあったようで大きくピンぼけになっちゃいました(^^;

2010.03.23

ギャラリー > :
ある夏の空 (A Summer Sky)

200908_sky.jpg

釣りをやっていると、美しい空にめぐり逢う。

2009年8月上旬、新湊にて。Pentax Optio W80 で撮影。

2010.03.20

ギャラリー > 生き物 :
ヤブ蚊を捕えたモノサシトンボ (A Dragonfly eats a Mosquito)

200907_dragonfly.jpg

ヤブ蚊を捕えたモノサシトンボ (イトトンボの仲間)。2009年7月下旬、富山市ファミリーパーク内・とんぼの沢にて。

Pentax Optio W80 での撮影。この防水コンパクトデジカメは画質が凄く良いというわけではないですが、1cmまでの接写が可能なのは面白いです。

ギャラリー > :
小さな虹 (A Small Rainbow)

200811_rainbow.jpg

釣りをやっていると美しい空に出会う。

2008年11月上旬、新湊にて。携帯電話での撮影

2010.03.18

ギャラリー > 風景 :
霧 (Mist)

20060307_mist.jpg

早朝、天体観測を終えて帰宅途中のひとコマ。2006年3月上旬、富山県高岡市にて。