釣り: 2009年

富山湾の高岡市周辺で海釣り全般を楽しんでいます。餌釣りもソルトルアーも。陸っぱり専門。

ライブカメラ 庄川雨晴 / 潮汐表 / 富山湾 釣りMAP / 富山県釣り情報 (ブログ集積所)
高岡市周辺 釣り情報 (嶋村釣具) / フラッター日誌 (県東部)

釣果情報: 上州屋 高岡店富山千代田店富山空港通り店 / エキスパート
つり具の堀井・パワーステージ / くぼつり具センター / 浜八渡船 (伏木沖一文字)
Entry List

2009.12.07

落ちギス釣り!

20091207_kiss1.jpg

少し前に新湊の波止に行ったら、いい感じのキスが次々と釣れていた。多くの魚は、冬には水温が安定した深場へと移動して越冬する。これを「落ちる」というのだが、本格的に寒くなる前のこの時期、「落ち」に備えて荒食いする魚も多い。キスもそういった魚のひとつで、このシーズンに釣れるキスは「落ちギス」と呼ばれ、型が良いのが特徴だ。久々にキスが喰いたい私としては、これは釣るしか無いでしょ! 加えて、今年はせっかくそこそこの投げ竿を中古で入手したのに、まだ大して使ってない。ということで、行ってきました。落ちギスの投げ釣り!

落ちギス釣り!

2009.12.02

今年最後(?)の伏木一文字堤

20091201_oki1_ship.jpg

昼前から夜にかけて、国分港の浜八渡船さんを利用して伏木一文字堤 (沖一文字堤) に行って来ました。早いものでもう12月。今年、この伏木一文字堤には何回も行きましたが、おそらく今回が今年最後。

今日は大潮、干潮が午前8時20分頃、満潮が午後3時40分頃。風も無く暖かい良い天気で、海は凪、立山連峰がよく見えています。今回はルアータックルは持ち込まず、アジ泳がせオンリー。フクラギ (イナダ)、アオリイカ狙い。

今年最後(?)の伏木一文字堤

2009.12.01

フクラギGET・・・

20091130_fukuragi_mist1.jpg

朝、なんとなく目が覚めたので、フクラギ (イナダ) を求めて朝の出撃。今日は大潮、干潮・午前7時40分頃、満潮・午後2時50分頃。午前7時前に新湊の漁港着。漁港は無風、凪で霧の中。

フクラギGET・・・

2009.11.26

ギッザギザの歯

20091125_tachiuo_sagoshi.jpg

午前3時ぐらいに寝て昼頃に起きるのが普段の生活パターンの私。いつもなら寝ている未明になんだか目が冴えてしまったので出撃。

午前4時半に新湊の波止に着、テトラのほうで1時間ほどメバル用のハードルアーを各種投げてみたが反応なし。午後5時半頃から堤防先端でメタルジグ投げたところ、2投目で45cmほどのサゴシ (サワラの子) をゲット、次いで同サイズをもう1本追加。その後は反応無く納竿。本命のフクラギ (イナダ) は釣れなかったが、サゴシの引きが結構強かったのでま満足かな。

サワラといえば鰆と書くように、春によく釣れる魚。しかし春のサゴシは痩せてて引きが弱く食味もいまいち。だが、サワラの味の旬は冬で、この時期のサワラは寒サワラとして珍重される。これはサゴシも同様で、このいわば寒サゴシは、脂がのって元気いっぱいで美味い。

帰宅後はいったん寝て、夕方にまた出撃してしまった。で、面白い釣果があったんですよ。

ギッザギザの歯

2009.11.23

キジハタ、メバル

20091123_mebaru_kijijata.jpg

前日はずっと風弱く、いい凪が予想されたので、未明にメバル狙いの浮き釣りにに出撃してきた。午前3時ごろ新湊の波止に着。一番乗りで誰も居ない。波止根元横のテトラに陣取って開始。

とりあえず棚を2~3mほどに設定、餌は青イソメ。しかしアタリは無い。棚を3~4mに変更、やはりアタリは無い。棚を約5m、底近くに設定してみると・・・

キジハタ、メバル

2009.11.22

シーバス坊主、フクラギも坊主

未明に久々の河口シーバス。午前3時半ポイント着。雨後で風弱く、ウネリはややあるも釣りに支障なし。中潮で午前4時頃満潮、満潮からの下げ狙い。

まずはコモモSF-125で開始。すると数投で・・・

シーバス坊主、フクラギも坊主

2009.11.19

アジ泳がせ惨敗

ここしばらく、新湊の堤防でのアジ泳がせ釣りをやっている。今日は雨が少し心配ではあるものの、南風微風で風の条件は良いので午後2時半頃出撃。出る際には雨がかなり降っていて心配だったが、ポイントに付く頃には小雨となり、釣り易い状況に。

アジ泳がせ惨敗

2009.11.14

良型アイナメ

20091114_ainame.jpg

前日までは強い北風で海が荒れたが、日付が変わるとともに南風微風となり、海は一気におだやかに。ということで正午少し前から新湊の波止に出撃してきました。

出発する際に少し雨が降ったこともあってか、幸いにも堤防には誰も居らず、先端確保成功。今日は小アジを釣ってそれを餌に泳がせ釣り。風は弱く、海は少しウネリがのこるもののおだやか、濁りは中。

良型アイナメ

2009.11.08

良型アオリイカ

20091108_aori_egi.jpg

手持ちのエギが少なくなったので、安エギを買い足しましたよ。1個180円、5個800円。ダイソーの100円エギ (今年の新作のエギスパートではない奴) は釣れはするものの耐久性に難ありでしたが、こいつはちゃんと釣れるし耐久性も充分。

今日も新湊で夕まずめエギング。無風ベタ凪濁りなし、潮周りは小潮、日没以後は潮汐変化が少ない条件。昨日同様、苦戦しそう。

良型アオリイカ

庄川河口ボイル、新湊でエギング

20091107_aori_shougawa1.jpg

夕方前から新湊でジギング&エギング。ポイントへ向かう途中、橋の上から庄川の様子を伺うと何かが盛んにボイルしてたので、見物しに橋の下に行ってみた。

庄川河口ボイル、新湊でエギング

2009.11.07

ジギングでホウボウ、エギング惨敗!

20091106_houbou.jpg

午後4時半から新湊のテトラ帯でジギング。残念ながら単発ボイルすらなく、青物はお留守のよう。青物狙いの速巻きではアタリなく、底でスローにワンピッチジャークしてたらホウボウ釣れた。20gのメタルジグにて。先日も釣れたし、ショアからのジギングでも結構普通に釣れるんだろうか。リリース。

暗くなってからはエギング。

ジギングでホウボウ、エギング惨敗!

2009.11.05

伏木一文字堤でフクラギGET!! キジハタもね

20091104_oki1_ship.jpg

午前中から夜にかけて、国分港の浜八渡船さんを利用して伏木一文字堤 (沖一文字堤) に行って来ました。

この前日の新湊での夕まずめジギングでは青物の接岸が確認でき、散発的にボイルや小規模なナブラがあるというコンディションで、ショートバイト3回あるも1度も乗せられずボウズ。しかし、新湊の岸まで青物が寄っているなら、きっと今日の伏木一文字堤は好条件のはず!!

伏木一文字堤でフクラギGET!! キジハタもね

2009.10.31

サゴシ恐るべし&良型アオリイカ&チワワ・・・!?

20091030_aori_broken_hook.jpg

午後4時頃に新湊のポイント着。西風がややあるがウネリ、濁りは無く釣り易い状況。潮周りは中潮、満潮午後0時40分、干潮午後6時40分。例によってフクラギ (イナダ) が欲しいが、今の状況ではベイトは小さなカタクチイワシらしい。30gクラスのメタルジグではちょっとサイズが合わず勝算低いかも、ということで、20gのジグを使ってみる。

サゴシ恐るべし&良型アオリイカ&チワワ・・・!?

2009.10.29

伏木一文字堤でまたも惨敗・・・でもメタルジグで珍釣果も?

20091029_oki1.jpg

いつもは忙しく、休日もなかなか休めない友人が、たまたま平日に午後から時間が空いたので釣りに行こうという話に。だが、最近あまり状況はよくない。アオリイカもフクラギもキジハタも渋い。そんな中でも釣果を求めるなら、伏木一文字堤 (伏木沖一文字) に行くしかないよなぁ。よって国分港の浜八渡船さんを利用して行ってきたんですが・・・

伏木一文字堤でまたも惨敗・・・でもメタルジグで珍釣果も?

2009.10.28

メタルジグでヒラメ (ソゲ) 31cm!

20091027_hirame.jpg

昨晩は太平洋側を台風がかすめた影響で強い北風が出て海は荒れたが、今日は風もおさまり、ウネリも少し残る程度。午後から新湊の波止に行ったが、幸いにも堤防先端を確保することに成功。

狙いはフクラギ (イナダ) だが、気配は無い。隣で投げサビキやってる方は、アジすら釣れていない。フクラギは来るとしたら午後4時~午後5時ぐらいかも。フクラギ待ちの間は、例によってメタルジグのワンピッチジャークで底を探ってヒラメ狙い。

メタルジグでヒラメ (ソゲ) 31cm!

2009.10.25

厄日・・・!!

20091025_yakubi_line_break.jpg

午前6時ごろ第1ポイント着。さすがは日曜日、釣り人らしき車がうようよ。堤防先端は満員だ。できればフクラギ (イナダ) を狙いたいが、このポイントでは堤防先端に入らないと勝算薄い。さっさと別のポイントに移動。

午前6時半ごろ第2ポイント着。第1ポイントほど混雑はしていないが、やはり堤防先端は入れそうもない。しかしここなら先端部じゃなくてもフクラギは狙える。

厄日・・・!!

2009.10.23

サゴシ (サワラの子)

20091023_sagoshi.jpg

先日午後に下見したポイントの堤防先端を確保するため、朝の出撃、午前6時過ぎ着。既にだいぶ明るく、少々出遅れたので最先端部は既に先行者が入っていたが、堤防先端の左側を確保することに成功。風は弱くウネリが少々あり、透明度は良し。鳥山、ナブラは確認できず。

メタルジグを投げ、早巻きしてくる。2~3投目、いきなりのヒット!

やった! フクラギ (イナダ) か!? ・・・あれ???

サゴシ (サワラの子)

2009.10.22

メタルジグでヒラメ (ソゲサイズ) ゲット

20091022_hirame.jpg

新湊の波止に午後4時半ごろ着。北風やや強くうねりもやや大きい。メタルジグもあんまり飛ばない。飛距離が出ないと速巻きは楽しくないなぁ。スローなワンピッチジャークで底を少し探ってみたりもしたけどノーバイト。この波じゃヒラメは無理か。

そこで同じ新湊の漁港内に移動、漁港内側をスローなワンピッチジャークで探ってみる。暗くなってきた良い時間。

メタルジグでヒラメ (ソゲサイズ) ゲット

エソの刺身

20091022_eso.jpg

午後から新湊某所でフクラギ狙い。いつもの波止とは別の波止。今日は沖のほうに鳥山が立ち、波止の近くでもナブラが散発していた。ただし、そのナブラは波止の先端方向のみで発生しており、先端に陣取らないと狙えない。しかしどこの波止も先端は人気で、既にウキ釣りでフクラギを狙っている人が何人か入っており、満員。

エソの刺身

2009.10.20

ジギングでの珍釣果

早朝、まだ明るくならない頃、何かの気配でふと目を開けると・・・

ひゅーん、ずどん!! ぐえっ!

目を開けた瞬間、白っぽい塊が降ってきて俺の腹に突っ込んだ・・・

20091020_jigging_mitsuo.jpg

コイツが本棚の上から俺の腹に飛び降りやがった。我が家に5匹いる猫のうちで一番古参で一番でっかいオス猫、みつお君、通称みっちゃん。その体重6.5kgを超えるメタボ猫、これが1.8mの本棚の上から俺のベッド目掛けて飛び降り、その落差約1.4m、俺のお腹に直撃した。怪我するほどではないがやばいっす・・・

仕事は主に夜間なので普段昼前まで寝てるが、すっかり目が覚めてしまったので朝釣りに出撃。ちょっと雨が降ってるが、雨雲レーダー確認したところ、もうすぐ止みそうだ。

ジギングでの珍釣果

2009.10.15

良型アオリイカ

20091015_aori_1.jpg

いつもの新湊の波止に午後4時過ぎ着。先日のアオリイカがとってもうまーだったので、めずらしくエギングから開始。タックルはSZMの安物エギングロッド (3500円ぐらい・・・) にダイワ・スプリンターR2500、PE0.8号。

良型アオリイカ

2009.10.14

今シーズン初のアオリイカ

20091014_aori.jpg

富山県東部のほうでは、台風の後にキジハタ爆釣したなんて話も聞く。富山湾ではキジハタはこれからが大物釣りのシーズンで、ごく最近50cm近い型が上がったなんて話も聞く。しかし私はというと、8月中旬に最後の30cmオーバーを釣って以後は下り坂、特に最近はアタリすらない日も多い。

ずっと同じ新湊のテトラ帯ばっかで釣ってたんだけど、これだけ駄目ならそろそろ新規開拓を、というわけで明るいうちに何ヶ所か見に行ってみた。

今シーズン初のアオリイカ

2009.10.07

磯竿改ライトロッドII の製作

先日破損&修理した磯竿改ライトロッド (2.7m)、その修理後初使用、漁港内でのちょい投げ。漁港内でのちょい投げは秋になってキスもメゴチもあまり釣れないものの、最近30~40cmぐらいのシーバス (セイゴ) がかかってラインブレイクで逃してしまった。よってリベンジ狙いでやってみている。4号 (15g) の中通しオモリとキス仕掛けを付けたその1投目・・・

バキッ!

20091007_isolight2_old_broken.jpg

ちょっとオモリが重めだったが、軽く投げたし、過負荷ではなかったと思うのだが・・・接いだ部分のすぐ根元であっさり折れてしまった。やはり接ぐとどうしても耐久性は落ちるだろうし、結構使い込んでもいる。もう寿命ということか。これをまた接ぐのはさすがに無理だろう。手頃な補修用ブランクも手元には無いし・・・。

だがしかし。そういえば、先端ピースが無い2号磯竿を死蔵しているではないか。

磯竿改ライトロッドII の製作

2009.10.05

エコギアアクアでキジハタ

20091004_ega.jpg

その存在を知って以来、発売を心待ちにしていたエコギア (マルキュー) の新型ソフトルアー (ワーム) ECOGEAR AQUA (エコギア アクア) がついに発売された。餌に極めて近い素材のソフトルアーで、集魚力に優れ食いが良く、魚が飲み込んでも無害で、根掛かりロストしても自然分解されるという生分解ワーム。ガルプ (Gulp) のエコギア版って感じ? まずはバグアンツ3インチからの発売。型そのものは従来のバグアンツと同一の金型を使っているらしい。

エコギアアクアでキジハタ

2009.10.02

磯竿改ライトロッドの破損&修理

20091002_rod_repair_broken.jpg

壊れた3号磯竿をルアーロッド風にリメイクした2.7mのライトロッド。ちょい投げキスから30cmクラスのキジハタまでに最適な強さで、作って以来 (作った当時の製作記事はこちら)、手持ちのロッドの中で最も使用頻度の高いメインロッドとして活躍してきた。

これまでの経験上、このロッドでフルキャストに耐えるキャスティング負荷は最大10g強程度。ある日、試しに20gのメタルジグを投げてみたら意外と無理は感じず、それなりに飛距離も出た。調子に乗って投げていると・・・

バキィッ!!

ということで冒頭画像のザマである・・・orz

磯竿改ライトロッドの破損&修理

2009.09.29

ソフトルアーに目力を!!

20090929_wormeye.jpg 20090929_wormeye_reinshog1.jpg

北風がやや強い日が多く、風や波の影響でなかなか釣りに行けないが、そういうときはルアーの加工でも。

一部例外を除き、ほとんどのソフトルアー (ワーム) には目玉が無い。それならば、目玉を付ければ良い。これが、簡単な加工でできてしまう。

画像は私が作ってみた目玉付きソフトルアー (ワーム) 各種。左画像は、上からパワーシャッド4インチ (心臓リグ+リップ形成+テールカット)、SIN-ZOベイト4インチ (オフセットフック・ジグヘッド)、SIN-ZOベイト4インチ、SIN-ZOベイト3インチ。右画像上はレインズホッグ3.5インチ (黄金伝説) をイカ風にカット。下はレインズホッグ3.5インチ (根魚ストロベリー)。

ソフトルアーに目力を!!

2009.09.26

秋のライトタックルちょい投げキス釣り

20090926_kiss1.jpg

キスが喰いたい。ということで、春によくちょい投げでキスを釣っていた新湊の漁港内に行ってみた。タックルはちょい投げキス釣り最強、愛用の磯竿改ライトロッド (2.7m)、餌は青イソメ。夏の間は全然キス釣りはしなかったが、果たして今の時期にこの場所にキスは居るのだろうか?

午後5時過ぎ開始、早々にかわいいサイズのピンギスをゲット!

秋のライトタックルちょい投げキス釣り

2009.09.16

メバル入れ食い!!

20090916_mebaru.jpg

夕まずめキジハタ釣行。いつもの新湊の波止&テトラ帯に午後5時過ぎ着。北風がやや強く、波気は中、濁り中。

東西に延びるテトラ帯に入ると向かい風で釣りにならないので、北向きに延びる波止の横のテトラからルアーを投げてみる。横風の中、なんとかキャストすることはできるが、PEラインは大きく風にあおられ、10gシンカーのテキサスリグでも着底はさっぱりわからない。30カウントほど数えれば着底してるかな? 見たいな感じでしばらくやってみたが、ちゃんと操作できてる気がしなくて面白くない。元々テトラ帯に入らないと勝算は薄いし、釣れる気がしない・・・

メバル入れ食い!!

2009.09.14

スタンディング・リグ (STリグ)

20090914_st-rig.jpg

クロー系・シュリンプ系のワーム (ソフトルアー) を通常とは前後逆にオフセットフックにセットし、ナス型オモリをフックに通す。こうすることで沈降の際も上昇の際も同じ姿勢を維持し、上下反転することが無い。同様のことを考えた人は他にも居るとは思うが、軽く調べてみた限りでは見つからなかったので、とりあえずスタンディング・リグ (STリグ) と勝手に名付けてみることにする。

根魚狙いに、さらにはホタルイカパターンの黒鯛狙いに、もしかしたら威力を発揮してくれる かもしれない。

スタンディング・リグ (STリグ)

2009.09.11

ショックリーダーのロストを抑える小技

PEラインにショックリーダーは必須だけど、結ぶのには手間が掛かる。根魚釣りでは根掛かりはつきものだが、根掛かりでラインを切った際、リーダーが丸ごと無くなって結び直し、という事態はなるべく避けたいもの。

ショックリーダーのロストを抑える小技

SIN-ZOでキジハタ

20090911_sinzo1.jpg

最近、SIN-ZOリグ (心臓リグ) を使ってみている。これは、ソフトルアーの腹の中にジグヘッドを埋め込んでしまうというリグ。専用の SIN-ZOベイト (シンゾーベイト、心臓ベイト) というソフトルアーがあるが、専用品ではない一般的なソフトルアー各種でも組むことができる。

写真は心臓リグ各種。上からSIN-ZOベイト 4インチ (フラッシュピンギス)+3/16oz (5g) ラウンドジグヘッド、SIN-ZOベイト 4インチ (ホワイトグロウ)+1/8oz (3.5g) ラウンドジグヘッド、ヴィヴィッドライブ 3.2インチ (イワシ)+1/8oz (3.5g) ラウンドジグヘッド。

心臓リグを組む

SIN-ZOでキジハタ

2009.08.28

餌の力!! 久々のシーバスゲット

20090827_seabass_kasago1.jpg

いつもの新湊の波止&テトラ帯で午後6時前開始。風弱く波気はわずか、濁りもない。潮周りは小潮、干潮午後1時20分頃、満潮午後8時15分頃。潮がほとんど動かない条件。

暗くなるまではカニ餌で前打ち釣り。テトラ帯をランガンしていくと、午後6時半頃に根魚と思しきアタリ、しかし乗らない。同じ場所にもう一度落とすとまたアタリ、やっぱり乗らない。

そんなことを繰り返すこと4回、今度はじっくりじっくり待ってみる作戦。餌が底に着くとさっそくコン、コンとアタリ。しかしここは我慢。15秒経過、コン、コンというアタリは続いているがぐいっという引きこみが来ない。30秒経過・・・コン、コン・・・しかしまだ引きこまれない。40秒経過・・・コン、コン・・・引きこまれないがもういいだろう、そりゃっ!!

ようやく乗せることに成功、冒頭画像のカサゴ25cmゲット (キープ)。口の中に入っている餌のカニは全然潰されることも無くまだ使える状態だった。

暗くなりラインが見えなくなったのでこれにて前打ちは終了。しかし本日の本題はここからだ。

餌の力!! 久々のシーバスゲット

2009.08.23

ソフトルアーで・・・!?

20090823_tako.jpg

いつもの新湊のテトラ帯でいつものように夕まずめにキジハタ狙いをしていたわけですが、いつものシャクリ上げ&フォールでは全くアタリがなく、気まぐれにデッドスローでただ巻きとかやってみてたわけですが・・・

コツン・・・・・・?

ソフトルアーで・・・!?

2009.08.22

久々!! 前打ちで黒鯛ゲット

20090822_chinta.jpg

いつもルアーでキジハタを釣っている新湊のテトラ帯で黒鯛狙いの前打ち釣り。タックルは2号磯竿 (5m強)+太鼓リール+道糸ナイロン3号+ハリス・フロロ1.75号+カニ専用チヌ針4号+ガン玉2B+餌カニ。

午後4時半開始。よく晴れ、風は西の風がややあり、水面は結構波気立っているもののウネリはなし、濁り小。潮周りは中潮、満潮午後3時半頃、干潮午後10時頃。

久々!! 前打ちで黒鯛ゲット

2009.08.21

前打ちで良型メジナ・・・

20090821_mejina.jpg

いつもルアーでキジハタを釣っている新湊のテトラ帯で黒鯛狙いの前打ち釣り。タックルは2号磯竿 (5m強)+太鼓リール+道糸ナイロン3号+ハリス・フロロ1.75号+カニ専用チヌ針4号+ガン玉2B+餌カニ。

午後4時開始。よく晴れ、風は南西の風がややあり、水面は結構波気立っているもののウネリはなし、濁り小。潮周りは大潮、満潮午後2時頃、干潮午後9時頃。

前打ちで良型メジナ・・・

2009.08.19

キジハタ尺オーバー5匹目・・・

20090819_kijihata1.jpg

いつもルアーでキジハタを釣っている新湊のテトラ帯で黒鯛狙いの前打ち釣り。タックルは2号磯竿 (5m強)+スピニングリール+PEライン+ハリス・フロロ1.75号+カニ専用チヌ針4号+ガン玉2B+餌カニ。

午後4時開始。よく晴れ、風は北風少々、波気小、濁り小。潮周りは中潮、満潮正午過ぎ、干潮午後8時頃。

キジハタ尺オーバー5匹目・・・

2009.08.17

ロッドスタンド自作

20090817_rod_stand.jpg

車庫の片隅に10本以上の釣り竿が雑然と立てかけてあった。こりゃ何とかしたほうがいいかな、ということでロッドスタンド (竿立て) を自作してみた。

ロッドスタンド自作

2009.08.15

伏木一文字堤で大惨敗・・・!!

20090815_oki1_ship.jpg

いーい天気なので、国分港の浜八渡船さんを利用して伏木一文字堤 (沖一文字) に行ってみました。狙いはキジハタ一本!! 目指せ40cm級!! だったんですが・・・

伏木一文字堤で大惨敗・・・!!

2009.08.14

落とし込み/前打ち惨敗! ルアーで良型カサゴ

20090814_kasago1.jpg

8月に入ってはじめての夏らしい暑い日!! 新湊の波止にて黒鯛狙いの落とし込み釣り (ヘチ釣り)。午後3時半開始、空は晴れ、風は弱く、波気は小。堤防のテトラが入ってない側はまだ結構濁っているが、テトラが入っている側は濁りが取れてきている。潮周りは小潮、干潮が午後1時過ぎ、満潮が午後7時半前。

タックルは磯竿改ロッド (2.7m)、太鼓リール、道糸ナイロン3号、ハリス・フロロカーボン1.75号、餌カニ、カニ専用チヌ針4号、ガン玉B。

落とし込み/前打ち惨敗! ルアーで良型カサゴ

2009.08.09

今期初の落とし込み釣り

20090809_otoshi_kani.jpg

海は相変わらず濁りっぱなし。こういうときって、前打ち/落とし込み釣りには好条件なんでは!? ということで、今期初の落とし込み釣りをやってみた。

前打ち/落とし込み釣りとは?

今期初の落とし込み釣り

2009.08.06

激濁りの海で! キジハタ尺オーバー4匹目

20090806_kijihata_point.jpg

いつもの新湊のテトラ帯でキジハタ狙い。タックルもいつもの磯竿改ロッド

ようやく梅雨明けですが、長引く雨で各河川から流れ出た濁流の影響がまだ強く、加えて先日までの強い北風の影響で海が荒れたこともあって海は激濁り。その北風は今日は収まっており、波気もほどほど。潮周りは大潮、午後2時20分満潮。満潮からの下げ潮を狙って、午後3時半開始。

激濁りの海で! キジハタ尺オーバー4匹目

2009.08.02

海が濁りっぱなし・・・カサゴ

20090802_kasago1.jpg

いつもの新湊のテトラ帯でキジハタ狙い。タックルもいつもの磯竿改ロッド

昼過ぎまで雨降ってたけどその後晴れてきたので出撃。午後4時半開始、濁りは大、風はほとんど無く波気は小。潮周りは若潮、干潮が午後6時過ぎで今はあまり潮が動かない時間帯。

午後6時20分頃、ようやく初ヒット、カサゴ20cm強。アタリはわからず、着底後シャクったら乗ってたパターン。全然引かなかった。ヒットルアーはイカジャコ4.5インチ。これはリリース。

海が濁りっぱなし・・・カサゴ

2009.07.26

ダイソーロッド改でキジハタ

20090725_kijihata_daiso-rod1.jpg

前回に引き続き2日連続のキジハタ釣行。ポイントはいつもの新湊のテトラ帯だが、今回は気分転換にタックルを変えてみる。

いつもの磯竿改ロッドに替わって今回投入したのは、このダイソーロッド・カスタム。

100円ショップ・ダイソーでは釣り具も扱っていて、釣り竿も 2.1m (420円) と 2.4m (525円) の2種がある。2.4m のものは 2.7m と謳って売られているが、実際の全長は 2.4m であり、ロッドにも 2.4m と刻印されている。

ダイソーロッド改でキジハタ

2009.07.24

カサゴ・・・

20090724_kasago1.jpg

いつもの新湊のテトラ帯でキジハタ狙い。タックルもいつもの磯竿改ロッド

午後4時半頃開始。波気が中程度あり、濁りも結構あるけど酷い濁りではない。中潮で満潮が午後3時半頃、干潮が午後10時半頃。良さげなコンディションだったんだけど・・・

カサゴ・・・

2009.07.21

キジハタ 尺オーバー 3匹目

20090721_kijihata.jpg

32cmぐらい・・・

キジハタ 尺オーバー 3匹目

2009.07.17

キジハタ 尺オーバー 2匹目

20090717_kijihata.jpg

2匹目の尺オーバーキジハタ、31cm!!

キジハタ 尺オーバー 2匹目

2009.07.13

キジハタ 尺オーバー

20090713_kijihata.jpg

尺オーバー、32cmの良型キジハタ!

キジハタ 尺オーバー

2009.07.12

チョイ投げキス釣りに最強!? キジハタにもイイ!! 新ロッド

20090711_newrod.jpg

素敵な新ロッドを入手しました。上の青いブランクが綺麗な竿がそう。下は比較のために並べてみたシーバスロッド、シープローラー902。

全長約2.7m (9フィート) で、メバルロッドより強く、シーバスロッドよりはずっと弱い竿です。釣果と併せて紹介したいと思います。

チョイ投げキス釣りに最強!? キジハタにもイイ!! 新ロッド

2009.06.14

シープローラー902 修理後の初釣果! & 近況

修理から戻ってきたシープローラー902を使い、漁港内でワームでフラットフィッシュ (ヒラメ、マゴチ) 狙い。

5月にヒラメ (ソゲサイズ) が釣れたあたりを狙ってキャストしていると、ドスンと重みが乗る! しっかりアワセてファイト開始! それほど大きい魚ではないようだが、ヒラメとは違うパワフルな引き! これはもしかすると!? やがて水面に姿を見せたそれはやはり!!

やった! マゴチだぁっ!!!

シープローラー902 修理後の初釣果! & 近況

2009.06.12

シープローラー902の修理

ある日のこと、愛用のシーバスロッド「シープローラー902」のテキサスリグ (シンカー11g) でフラット狙いをしていたところ、キャスト時、不注意により後方の障害物にシンカーがかすり、そのはずみで軌道が変化、シンカーが穂先を直撃した。穂先はぽっきり真っ二つ orz

このシーバスロッド、オンラインショップ「ナチュラム」で6020円+送料525円、計6545円で購入したもの。このように比較的廉価な品であり、修理するぐらいなら新品買ったほうがいいんじゃね? という気もしないでもないが、修理したらいくらかかるんだ? という点に興味があったので修理に出すことに。

まずはナチュラムの修理依頼フォームから修理を申し込む。すると送り先を指示するメールが送られて来た。

シープローラー902の修理

2009.05.18

ヒラメ 快調!

河口での釣行。

今回も基本的な釣り方はヒラメ ~最初の一枚への長い道~の通りだが、ルアーは前回よりワンサイズ大きいパワーシャッド4インチを用いた。

20090518_power_shad_4.jpg

3/8oz (10g) のバレットシンカー (砲弾型の中通しオモリ) と2/0サイズのオフセットフックを用いたテキサス・リグ。シンカーがフックにほぼ密着するようにシンカーストッパーを付けているのでほぼジグヘッドだが、一般的なジグヘッドとは違いフックがシンカーに固定されていないのでアクションが大きめになる。ソフトルアーが上下裏返ったりしないように、重心を下げるためにフックに3Bのガン玉を打ってみた。これでしっかり泳いでくれる。

バレットシンカーはタングステンのものが多いが、高価だ。このシンカーは鉛製で安い。「ウォーターグレムリン スリップシンカー」という奴なのだが、シンカーと同数のバレット型のカミツブシ式シンカーストッパーが付属していて使い勝手も良好だ。キュリオシティーにて3/8oz 8粒入りでたったの180円。送料別だが、普通郵便での送付が選択できるので送料も安く済む。

実釣

河口はやや西寄りの南風が強いものの、水面はおだやかで濁りは中程度。ルアーは横風気味の追い風に乗って気持ちよく飛んでいく。

立ち位置を変えつつ探っていくと、グンッと何かに引っかかる感じ。ルアーを巻き上げてみると、歯形と思われる細かい筋がいくつも残っていた。同じ場所を何度か探るが反応なし。あきらめて投点を変えていく。

1時間半ほど探っていくと、今度はググンッと重みが乗る! すかさずアワセを入れると、

ジジィーーーーーッ

ドラグがどんどん出て行く!!

ヒラメ 快調!

2009.05.17

ヒラメ ~最初の一枚への長い道~

昨年の春、だいぶ暖かくなってからのことだった。漁港内でキスを釣っていたら、ソフトルアー釣りの数人組がやってきて、30~40cmぐらいのヒラメを2枚、さくっと釣って去っていった。目の前でこういうのを見てしまうと、自分でもやってみたくなるのが人の性。私のルアー釣りへの挑戦は、こんなきっかけで始まった。

ヒラメという魚

20090517_hirame_n_karei.jpg

ヒラメとカレイは良く似た外見の平べったい魚だ。外見上の見分け方としては、「左ヒラメ、右カレイ」とよく言われる。内臓のある腹部を下にして置いた場合に体が左を向くのがヒラメ、右を向くのがカレイ。しかしこれには一部例外もあるようだ。そして、良く似た外見とは裏腹に、その食性は大きく異なる。

ヒラメもカレイも普段、砂地の海底にべったり張り付いている。カレイが主として砂の中のゴカイ等を食べるのに対し、ヒラメは主として小魚等を食べるフィッシュ・イーターだ。この食性の違いもあってか、ヒラメの方が大型になり、カレイが最大40cm強ぐらいであるのに対し、ヒラメは最大1mぐらいになる。しかもその動きは俊敏で、やや離れた場所の小魚も一気に浮き上がって捕らえてしまうという。

カレイを釣る場合は、イソメ等を餌に狙うが、小魚を主に食べるヒラメは動きが鈍いイソメ等には反応が薄く、滅多に食いついてこない。ヒラメを狙う場合は、活きた小魚を餌にしたり、小魚を模したルアーを用いる。

2008年

ヒラメ ~最初の一枚への長い道~

2009.05.12

メバルロッドでキス

20090512_kiss.jpg

去年春から再開した釣りは、キスの投げ釣りからのスタートだった。そして今年もまたキスのシーズンがやってきた。今春初のキス釣りは、新湊の漁港の内側にて。

タックル

メバルロッドでキス

2009.05.06

富山湾西部 黒鯛ホタルイカパターン 2009春

20090506_lure-chinu.jpg

2008年春から釣りを再開した。釣りは昔からの趣味だが、高校を卒業して東京に行って以後は、富山に戻った後も全くやっていなかった。久々にやった釣りはやはり面白かった。どうせなら少し本格的にやってみようと、海釣り全般を幅広くやりまくったこの一年だった。ルアー釣りにも初めて挑戦してみた。

そんな一年間の締めくくりとなったのが黒鯛ホタルイカパターン。

黒鯛ホタルイカパターンとは

富山湾西部 黒鯛ホタルイカパターン 2009春