釣り > ヒラメ・マゴチ
Entry List

2014.03.18

釣り : 春の気配! ~2月中旬~3月中旬の釣行記~

まだまだ寒い日が多いですが、海の中にはいよいよ春の気配が! 2月中旬~3月中旬にかけての釣行記をまとめて紹介します。

カレイ

今年の富山湾はカレイが好調と聞きます。一ヶ月も前の話になりますが、私も1回だけカレイ狙いに行ってみました。

春の気配! ~2月中旬~3月中旬の釣行記~

2013.04.14

釣り : ヒラメ開幕

0413_hirame.JPG

今年もヒラメの季節がやってきました。4/13日早朝に仕留めた32cm、ソゲサイズですが最初の一枚としては良型!

ヒラメ開幕

2012.10.18

釣り : ヒラメ (ソゲ) さん

陸っぱりアオリイカは回復傾向が未だ見えず。それでも回復することを願って素振りを続ける日々。10/18日朝まずめもエギングやるつもりだったが、始めようとしたところ、急に向かい風となる北風が出てきて外向きではエギ飛ばせない。そこで、イカは諦めて、フクラギ調査にメタルジグを投げることに。

ヒラメ (ソゲ) さん

2012.07.28

釣り : マゴチ釣れた

7/28(土)未明。河口シーバスが好調らしい (ホントかな~?) ので一応河口に行ってみる。

マゴチ釣れた

2012.05.15

釣り > 釣り入門 :
SIN-ZOベイトでヒラメを狙おう!

0514_sinzo-soge.JPG

ヒラメって、海のルアー釣りの代表的なターゲットですが、なかなか釣れないイメージがありますよね。ところがそうでもないんです。少なくとも富山湾においては、5月~6月にかけてはよく釣れる、比較的イージーなターゲットなんですよ! この時期であれば、各種ワーム (ソフトルアー) やミノーなど、どんなルアーでも割と簡単に食ってくれますが、私が最強だと思っているのが SIN-ZO BAIT (心臓ベイト) と呼ばれるワームです。これを使ったヒラメの釣り方を紹介します。初心者でも充分に可能性ありです! なお、ここで紹介するのは漁港や防波堤を主体とした釣り方であり、サーフについては私にはよくわかりません。

ヒラメという魚

SIN-ZOベイトでヒラメを狙おう!

2012.05.13

釣り : チョイ投げキス開幕&ショアジギ、ヒラメ

5/13日の早朝から漁港にて釣り。前日に最悪なことがあったので、気分転換に体動かしたい。よって外向きでショアジギングからスタート。東部の方ではフクラギがガンド混じりで好調だそうだが、ここ新湊周辺ではどうせサゴシ (サワラの子) しか釣れないんだけどね。

チョイ投げキス開幕&ショアジギ、ヒラメ

2012.04.10

釣り : 人生初の年無しチヌ撃沈!&ヒラメ開幕

4/10日未明、4時少し前からの釣行。月明かりもあるしホタルイカの接岸は無いはず。よって黒鯛ではなくメバル狙いの釣行。今春はまだメバルはまともに釣れていないが、そろそろ良い時期だ。黒鯛はもう2枚も食べたし、今は黒鯛よりメバル食いたい。出撃前の風速計チェックでは向かい風となる北西の風が少々吹いているという情報だったが、ポイントに着くとほとんど無風で、しかし良い感じの波気が出ている。

人生初の年無しチヌ撃沈!&ヒラメ開幕

2011.07.09

釣り : 人生初マゴチ!

0709_rainbow.JPG

夕暮れ時の釣行。新湊にて午後7時前開始、この時間でもまだ日は出ている。メインはキジハタ狙いのつもりだけど、まだ明るいうちはフラット (ヒラメ、マゴチ) 狙い。空が綺麗だったので撮影。虹も出てますね。

人生初マゴチ!

2011.06.29

釣り : サーフチョイ投げキス好調?

私は今シーズンはまだサーフ (砂浜) には行ってないのですが、今、西は島尾海岸から、八重津浜や岩瀬浜等の県央方面まで、サーフチョイ投げキスが好調のようです。時間帯は、早朝じゃなくてもOK。40~10m程度の距離でよく釣れますので、メバルロッド等の超ライトタックルがお勧め。1号以下のPEライン+ロッドに合わせた軽いオモリの組み合わせで。ナイロンラインの場合は、1.5号以下が飛距離もそこそこ出せて良いでしょう。なお、サーフは場所によってはゴミ等が多く釣り辛いです。そういう場合は、早めに見切りをつけて、車で別ポイントに移動しちゃいましょう。

私はというと、

サーフチョイ投げキス好調?

2011.03.13

釣り : ホタルイカ接岸&仕留めたり50up!

富山湾に発令されていた津波注意報も解除され、暖かく穏やかな天候の3/13日未明。午前4時半頃から釣り開始。潮周り的には小潮で、満潮が前日の午後6時半、干潮が午前3時半という条件でしたが、月明かりは無く、新湊にはホタルイカが若干数接岸していました。

ホタルイカ接岸&仕留めたり50up!

2011.03.07

釣り : 仕留めましたよ、自己新記録!

3/3日から3/6日にかけ、待望の新月の大潮でしたね。3月から5月にかけての新月の大潮の前後、富山湾にはホタルイカが接岸します。そしてそのホタルイカを捕食する良型の黒鯛、メバル、シーバス等をルアーで比較的簡単に仕留めることができる大チャンス。新湊のホームに連日出撃してみました! やや長文。

3/4日 未明 午前2時半~4時半

仕留めましたよ、自己新記録!

2010.12.31

釣り : 2010年の釣果写真を縮尺を揃えて並べてみた

2010_matome_all1.jpg

2010年の釣果写真を縮尺を揃えて並べてみた。画像クリックで拡大。拡大写真は、1cm=20px相当です。縦並びバージョンも用意しました。2009年版も併せてどうぞ。

2010年の釣果写真を縮尺を揃えて並べてみた

2010.09.05

釣り : 最近の釣果

パッとしない釣果が続いているものの、一応紹介。

最近の釣果

2010.06.10

釣り : 中アジを求めて & ヒラメ35cm!! & チョイ投げキス & キジハタ開幕

0609_aji.jpg

未明~早朝の中アジ&ヒラメ釣り

アジのお刺身が大好き。ぜひお刺身サイズの20cm級の中アジを釣りたいと思い、サビキ&カゴ釣りで未明に何度か挑戦してみた。ポイントも何ヶ所か試したものの、ほぼ何も釣れなかったり、10cmちょいのサイズの小アジしか釣れなかったり、惨敗の連続。

この日は、高岡周辺の某所でカゴ釣り。カゴ釣りとは、サビキ釣り同様にコマセカゴを使うものの、サビキ仕掛けの代わりに2本針程度の仕掛けに付け餌を付けて釣る釣り方。中型以上のアジは警戒心も強くなるため、サビキじゃ釣れにくい場合もあるようなので、付け餌を使う。

このポイントで中アジを狙うのは初めて。幸いにも仕掛けを投げてすぐ浮きが沈むような入れ食い状態。魚影は濃いようだが・・・

中アジを求めて & ヒラメ35cm!! & チョイ投げキス & キジハタ開幕

2010.06.03

釣り : ひと春でソゲ (ヒラメの子) 10枚!!

0603_soge.jpg

今春はソゲ (ヒラメの子、1kg未満) が好調!! 釣れ始めの頃は特に好調でした。今は少し釣り辛くなった印象ですが、相変わらず釣れ続いており、今朝釣った1枚でついに10枚目達成!!

今春釣った10枚をリストアップすると、

ひと春でソゲ (ヒラメの子) 10枚!!

2010.05.17

釣り : メバリング&連日ソゲ(ヒラメ)&チョイ投げキス開幕

5/12日~5/16日、5日連続で釣りに行ってしまいました。5日分をまとめて書いたらずいぶん長くなってしまった。メバルはまだまだ行けそうです。ソゲ (ヒラメの子)、サイズは小さいけどよく釣れてますよ。ヒラメを釣ってみたいなら今が一年で一番釣りやすい時期かも。キスも開幕! 動画はカタクチイワシと思しき小魚の群れがサゴシに襲われて跳ねる様子。

5/12日 未明 メバル後ヒラメ

メバリング&連日ソゲ(ヒラメ)&チョイ投げキス開幕

2010.05.10

釣り : ゲジ神さまありがとう! 大型メバル&小さいソゲ(ヒラメ)

0505_mebaru_soge_lure.jpg

それは5/5日の未明のこと。釣りに出撃しようとしたら神さまを見た。今日は釣れる気がした。

ポイントに付くと、全くの無風で、鏡のようなベタ凪。海面には微かに霞がかかり、いつもは見える対岸の町明かりも見えない。真っ暗闇の中、鏡のような海面が、薄霞の中へと続いていく。どこかこの世のものとは思えない、異世界の雰囲気がある。それもそうである。夜の海というのは、本来は人が立ち入るべき場所ではないのかもしれない。

今年のこの時期はメバルロッドを全然振ってなかったので、今日はメバルロッドを振ることにする。まずはいつも通り5cm級のハードルアーから。月下美人・夜叉5Sを数投するも反応なし。表層じゃダメなのかな。自分はあまりメバルにはソフトルアーを使わない。最初にメバルを釣ったのがハードルアーだったし、ハードルアーでの連発経験も何度かある。一方のソフトルアーは少しは使ったことがあるものの、あまり釣れた経験がないのであった。

ルアーチェンジ。今日は、たまにはソフトルアーも使ってみることにする。メバル用の小さいジグヘッドに、エコギア・グラスミノーSをセット。カラーはUV発光タイプのクリアカラー。

ゲジ神さまありがとう! 大型メバル&小さいソゲ(ヒラメ)

2010.01.01

ギャラリー > 釣果 :
2009年の釣果写真を縮尺を揃えて並べてみた

20091231_matome_all2.jpg

2009年の釣果写真を縮尺を揃えて並べてみた。画像クリックで拡大。拡大写真は、1cm=20px相当です。縦並びバージョンも用意しました。2009年の釣果 まとめも併せてどうぞ。

2009年の釣果写真を縮尺を揃えて並べてみた

釣り : 2009年の釣り まとめ

あけましておめでとうございます。今年もどんどん釣りに行って釣果を紹介していきたいと思いますのでよろしく!

今年1年間の主要釣果をまとめてみました。これで富山湾の年間を通しての釣りが一通りわかる? 2009年の釣果写真を縮尺を揃えて並べてみたも併せてどうぞ。

2009年の釣り まとめ

2009.11.19

釣り : アジ泳がせ惨敗

ここしばらく、新湊の堤防でのアジ泳がせ釣りをやっている。今日は雨が少し心配ではあるものの、南風微風で風の条件は良いので午後2時半頃出撃。出る際には雨がかなり降っていて心配だったが、ポイントに付く頃には小雨となり、釣り易い状況に。

アジ泳がせ惨敗

2009.11.14

釣り : 良型アイナメ

20091114_ainame.jpg

前日までは強い北風で海が荒れたが、日付が変わるとともに南風微風となり、海は一気におだやかに。ということで正午少し前から新湊の波止に出撃してきました。

出発する際に少し雨が降ったこともあってか、幸いにも堤防には誰も居らず、先端確保成功。今日は小アジを釣ってそれを餌に泳がせ釣り。風は弱く、海は少しウネリがのこるもののおだやか、濁りは中。

良型アイナメ

2009.10.28

釣り : メタルジグでヒラメ (ソゲ) 31cm!

20091027_hirame.jpg

昨晩は太平洋側を台風がかすめた影響で強い北風が出て海は荒れたが、今日は風もおさまり、ウネリも少し残る程度。午後から新湊の波止に行ったが、幸いにも堤防先端を確保することに成功。

狙いはフクラギ (イナダ) だが、気配は無い。隣で投げサビキやってる方は、アジすら釣れていない。フクラギは来るとしたら午後4時~午後5時ぐらいかも。フクラギ待ちの間は、例によってメタルジグのワンピッチジャークで底を探ってヒラメ狙い。

メタルジグでヒラメ (ソゲ) 31cm!

2009.10.25

釣り : 厄日・・・!!

20091025_yakubi_line_break.jpg

午前6時ごろ第1ポイント着。さすがは日曜日、釣り人らしき車がうようよ。堤防先端は満員だ。できればフクラギ (イナダ) を狙いたいが、このポイントでは堤防先端に入らないと勝算薄い。さっさと別のポイントに移動。

午前6時半ごろ第2ポイント着。第1ポイントほど混雑はしていないが、やはり堤防先端は入れそうもない。しかしここなら先端部じゃなくてもフクラギは狙える。

厄日・・・!!

2009.10.22

釣り : メタルジグでヒラメ (ソゲサイズ) ゲット

20091022_hirame.jpg

新湊の波止に午後4時半ごろ着。北風やや強くうねりもやや大きい。メタルジグもあんまり飛ばない。飛距離が出ないと速巻きは楽しくないなぁ。スローなワンピッチジャークで底を少し探ってみたりもしたけどノーバイト。この波じゃヒラメは無理か。

そこで同じ新湊の漁港内に移動、漁港内側をスローなワンピッチジャークで探ってみる。暗くなってきた良い時間。

メタルジグでヒラメ (ソゲサイズ) ゲット

2009.09.29

釣り : ソフトルアーに目力を!!

20090929_wormeye.jpg 20090929_wormeye_reinshog1.jpg

北風がやや強い日が多く、風や波の影響でなかなか釣りに行けないが、そういうときはルアーの加工でも。

一部例外を除き、ほとんどのソフトルアー (ワーム) には目玉が無い。それならば、目玉を付ければ良い。これが、簡単な加工でできてしまう。

画像は私が作ってみた目玉付きソフトルアー (ワーム) 各種。左画像は、上からパワーシャッド4インチ (心臓リグ+リップ形成+テールカット)、SIN-ZOベイト4インチ (オフセットフック・ジグヘッド)、SIN-ZOベイト4インチ、SIN-ZOベイト3インチ。右画像上はレインズホッグ3.5インチ (黄金伝説) をイカ風にカット。下はレインズホッグ3.5インチ (根魚ストロベリー)。

ソフトルアーに目力を!!

2009.09.14

釣り : スタンディング・リグ (STリグ)

20090914_st-rig.jpg

クロー系・シュリンプ系のワーム (ソフトルアー) を通常とは前後逆にオフセットフックにセットし、ナス型オモリをフックに通す。こうすることで沈降の際も上昇の際も同じ姿勢を維持し、上下反転することが無い。同様のことを考えた人は他にも居るとは思うが、軽く調べてみた限りでは見つからなかったので、とりあえずスタンディング・リグ (STリグ) と勝手に名付けてみることにする。

根魚狙いに、さらにはホタルイカパターンの黒鯛狙いに、もしかしたら威力を発揮してくれる かもしれない。

スタンディング・リグ (STリグ)

2009.09.11

釣り : SIN-ZOでキジハタ

20090911_sinzo1.jpg

最近、SIN-ZOリグ (心臓リグ) を使ってみている。これは、ソフトルアーの腹の中にジグヘッドを埋め込んでしまうというリグ。専用の SIN-ZOベイト (シンゾーベイト、心臓ベイト) というソフトルアーがあるが、専用品ではない一般的なソフトルアー各種でも組むことができる。

写真は心臓リグ各種。上からSIN-ZOベイト 4インチ (フラッシュピンギス)+3/16oz (5g) ラウンドジグヘッド、SIN-ZOベイト 4インチ (ホワイトグロウ)+1/8oz (3.5g) ラウンドジグヘッド、ヴィヴィッドライブ 3.2インチ (イワシ)+1/8oz (3.5g) ラウンドジグヘッド。

心臓リグを組む

SIN-ZOでキジハタ

2009.07.12

釣り : チョイ投げキス釣りに最強!? キジハタにもイイ!! 新ロッド

20090711_newrod.jpg

素敵な新ロッドを入手しました。上の青いブランクが綺麗な竿がそう。下は比較のために並べてみたシーバスロッド、シープローラー902。

全長約2.7m (9フィート) で、メバルロッドより強く、シーバスロッドよりはずっと弱い竿です。釣果と併せて紹介したいと思います。

チョイ投げキス釣りに最強!? キジハタにもイイ!! 新ロッド

2009.05.18

釣り : ヒラメ 快調!

河口での釣行。

今回も基本的な釣り方はヒラメ ~最初の一枚への長い道~の通りだが、ルアーは前回よりワンサイズ大きいパワーシャッド4インチを用いた。

20090518_power_shad_4.jpg

3/8oz (10g) のバレットシンカー (砲弾型の中通しオモリ) と2/0サイズのオフセットフックを用いたテキサス・リグ。シンカーがフックにほぼ密着するようにシンカーストッパーを付けているのでほぼジグヘッドだが、一般的なジグヘッドとは違いフックがシンカーに固定されていないのでアクションが大きめになる。ソフトルアーが上下裏返ったりしないように、重心を下げるためにフックに3Bのガン玉を打ってみた。これでしっかり泳いでくれる。

バレットシンカーはタングステンのものが多いが、高価だ。このシンカーは鉛製で安い。「ウォーターグレムリン スリップシンカー」という奴なのだが、シンカーと同数のバレット型のカミツブシ式シンカーストッパーが付属していて使い勝手も良好だ。キュリオシティーにて3/8oz 8粒入りでたったの180円。送料別だが、普通郵便での送付が選択できるので送料も安く済む。

実釣

河口はやや西寄りの南風が強いものの、水面はおだやかで濁りは中程度。ルアーは横風気味の追い風に乗って気持ちよく飛んでいく。

立ち位置を変えつつ探っていくと、グンッと何かに引っかかる感じ。ルアーを巻き上げてみると、歯形と思われる細かい筋がいくつも残っていた。同じ場所を何度か探るが反応なし。あきらめて投点を変えていく。

1時間半ほど探っていくと、今度はググンッと重みが乗る! すかさずアワセを入れると、

ジジィーーーーーッ

ドラグがどんどん出て行く!!

ヒラメ 快調!

2009.05.17

釣り : ヒラメ ~最初の一枚への長い道~

昨年の春、だいぶ暖かくなってからのことだった。漁港内でキスを釣っていたら、ソフトルアー釣りの数人組がやってきて、30~40cmぐらいのヒラメを2枚、さくっと釣って去っていった。目の前でこういうのを見てしまうと、自分でもやってみたくなるのが人の性。私のルアー釣りへの挑戦は、こんなきっかけで始まった。

ヒラメという魚

20090517_hirame_n_karei.jpg

ヒラメとカレイは良く似た外見の平べったい魚だ。外見上の見分け方としては、「左ヒラメ、右カレイ」とよく言われる。内臓のある腹部を下にして置いた場合に体が左を向くのがヒラメ、右を向くのがカレイ。しかしこれには一部例外もあるようだ。そして、良く似た外見とは裏腹に、その食性は大きく異なる。

ヒラメもカレイも普段、砂地の海底にべったり張り付いている。カレイが主として砂の中のゴカイ等を食べるのに対し、ヒラメは主として小魚等を食べるフィッシュ・イーターだ。この食性の違いもあってか、ヒラメの方が大型になり、カレイが最大40cm強ぐらいであるのに対し、ヒラメは最大1mぐらいになる。しかもその動きは俊敏で、やや離れた場所の小魚も一気に浮き上がって捕らえてしまうという。

カレイを釣る場合は、イソメ等を餌に狙うが、小魚を主に食べるヒラメは動きが鈍いイソメ等には反応が薄く、滅多に食いついてこない。ヒラメを狙う場合は、活きた小魚を餌にしたり、小魚を模したルアーを用いる。

2008年

ヒラメ ~最初の一枚への長い道~