雑想: 2012年
Entry List

2012.10.08

エンターテインメント : 「人類は衰退しました」の序章としての「銀色ふわり」

1008_FuwariCover.jpg

有沢まみずさんによる「銀色ふわり」 (電撃文庫) という小説 (ラノベ) 読みました。(レビュー、書評、感想)これは典型的ないわゆる「セカイ系」 (というらしい。意味が気になる人は各自でググろう) に分類されるボーイ・ミーツ・ガールもの。冬を舞台に、美しい情景描写と併せて静かに進んでいく感じが好き。タイトルと表紙絵が内容をよく表していると思いますので、表紙が気になったら買いです。

現在のところ1巻のみが発売されています。しかし1巻で完結というわけではなく、あとがきによると続編の構想もあったようなんです。でも発売からもう数年経ってるのに残念ながら未だ続巻なし。ただし、この1巻だけでもよくまとまっていますし、足りない部分は妄想で補えばOKかな。でも続編いつか出るなら読みたい。ぜひ読みたい。

この「銀色ふわり」は、SF作品なのですが、そのSF設定からは、「人類は衰退しました」を強く連想させれました。作者も違いますし、直接的には何ら関連の無い作品ですが、この2作の繋がりについて勝手に妄想してみることにします。以下ネタバレ&長文注意。さて、「人類は衰退しました」とは。

「人類は衰退しました」の序章としての「銀色ふわり」

2012.03.31

ランニング : スローライフを堂々と! ~ランニング始めました~

さて今年は年始に風邪引いて、症状は軽かったのにそれが何故か長引いて回復まで40日もかかったわけで。その間仕事はお休み。それ以前から仕事がうまくいっていなかったこともあって変に欝入ってしまって。

ま、その仕事は潮時だと思いましたし、結局辞めることにして、今は別の仕事を少し始めてみたけどまだまだ収入はわずか、という状況。そんな中でも気持ちだけは前向きに生きよう、風邪に負けないように体力もつけよう、ということで、風邪から回復した2月下旬からランニング始めました。ランニングのようなリズム運動は、気持ちを前向きにする上ではとても有効なんだそうで。

スローライフを堂々と! ~ランニング始めました~

2012.02.12

エンターテインメント : アニメ「あの花」の聖地巡礼・微速度動画が素晴らしい! (星空含む)

「あの花」とは、TVアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のこと。内容としては、幼少の頃の仲良し6人組は、そのうち1人が遠くに旅立ったことをきっかけにバラバラになり、高校生になった今は、すっかり疎遠になっていた。しかし、遠くに行っていたその1人がある日突然戻ってきたことをきっかけに、失われていた絆を再び築いていく、という友情と恋の物語。こう書くとめっちゃベタでクサいですが、本当に純粋で、本当にベタなお話。全11話と短めなので見易いと思います。今回のブログ記事はネタバレ無しで書いてあります。

「とらドラ!」のメインスタッフ3人が手掛けたオリジナルアニメということでレンタルで借りて見てみましたが、良かったです。公式サイトに掲載されているプロモーションビデオ第1弾が素晴らしい出来なので、まずはそれを見てみることをお勧めします。

そしてこの作品は、埼玉県の秩父が舞台となっており、実在の風景が多数登場します。その秩父の複数の聖地で微速度撮影を行ない、全1万コマ超の撮影で作られたのがこの動画。いやー素晴らしい。そして懐かしい。秩父は、何度も星見に行ったことがある思い出深い場所。

アニメ「あの花」の聖地巡礼・微速度動画が素晴らしい! (星空含む)

2012.01.21

エンターテインメント : 小説「とらドラ!」に、世の夢と現を想う

小風邪が長引き、仕事も進まず、ちょっと欝入ってます。本格的に体調崩すと非常にまずいのでなるべく布団に潜り込んで安静に努めていましたが、何もしないよりはせめて本読もう、と小説「とらドラ!」読んでました。これ読むと自分の過去の色んなことがリアルな気持ちごと思い出されてしまった。特に5巻以降が面白いがその高いクオリティゆえに心傷を負いかねない本かも。



人間は誰でも、幸せを夢見るだろう。しかし、

『人生、おもいどおりにはなんねーぞ!!!』(小説「とらドラ8!」)


なのだ。だから、人は、他人の中に、あるいは物語の中に、自分には実現できないであろう幸せを夢見る。

「とらドラ!」(作: 竹宮ゆゆこ) は、ラブコメというジャンルのライトノベル (本編 全10巻 完結+スピンオフ3巻) であり、またそれを原作とするアニメーション作品 (全25話) である。

ラブコメには「お約束」がある。それは、「ハッピーエンドで終わるラブストーリー」だということだ。

小説「とらドラ!」に、世の夢と現を想う

2012.01.11

エンターテインメント : アニメ「とらドラ!」の星空

toradra25-01.jpg

「とらドラ!」なるラブコメアニメを見た。深夜にCS付けたらたまたまやってて、どうやら不機嫌女子萌え属性があるらしい俺はすっかりハマって、動画配信サイト「ShowTime」の有料配信でつい全話見てしまった。ShowTimeでは、第1話は会員無料、全25話の30日パックが1,764円

タイトルの「とらドラ!」とは、「虎と竜」の意味。虎とは、ヒロインの小柄な凶暴美少女「手乗りタイガー」こと逢坂大河のことであり、竜とは主人公の高須竜児のこと。

不機嫌女子...とはつまりツンデレでいいのかな? でも他の作品いわゆるツンデレキャラにはあまり萌えないかも。とらドラの大河の場合、主人公に対してはデレを見せることはあんまり無くて、その代わりに陰を見せる。そういうところに萌えますな。

この作品の星空のシーンが秀逸だったのでキャプ付きで紹介したい。

「とらドラ!」 第15話「星は、遠く」より

アニメ「とらドラ!」の星空

2012.01.01

気が重い2012年

2011年はもう、あっという間に終わったという印象。新しい契約先と仕事をしてきたけれども、全く結果に繋がらず、今の仕事は正直、もう潮時って感じ。一時的に無収入になることも覚悟せねば。失業保険など出ないし、貯金も皆無。気が重い。しかし昨年は結果には繋がらなかったものの経験は積めた年。その経験をうまく活かすことができれば、2012年は躍進の年に・・・できるかも?