エンターテインメント: 2010年
Sub Categories: とらドラ!
映画、アニメ、ライトノベル、小説、漫画、ゲームなどのレビュー
Entry List

2010.12.04

実写版ヤマト vs 元ネタ

ヤマトのアニメ版はギャラクティカやスターウォーズより先んじて世に出て、ギャラクティカやスターウォーズに少なくない影響を与えたのかもしれない。でも、アニメ版ヤマトとギャラクティカやスターウォーズの映像を比較しても、そっくりという印象は受けない。

でもこれはどうだろう。。。

このように、細切れ編集で似た映像を集めれば、実際のところはあまり似てない映像でも、よく似てるという印象を作り出すことは簡単かもしれない。しかし実写版ヤマト vs ギャラクティカの場合、それぞれのシーンをもっと長く比較すると、似てるということがよりハッキリしてくるから困りもの。

2010.12.02

ヤマトの映画を観てきた

・・・という夢をみたんだ。ということにしておこう。。。

ヤマトの映画を観てきた

2010.05.29

雑想 : アンパンマンは実在する!

アンパンマン・マーチのフルバージョン。まずはぜひこれを通して聞いてみて欲しい。これは決して子供向けの歌ではない。作詩家でありアンパンマンの作者でもあるやなせたかしさんは自身も戦地に赴いた身であるし、弟さんは特攻隊として戦死されたという。そういう体験を背景に生み出されたのが、このアンパンマン・マーチだ。アンパンマン・マーチに使われている言葉は全て、やなせたかしさんとその弟さんとの間で交わされたものだったという。

そう思うとこの映像も、なんとも恐ろしいものがある。この映像には花火が多用されている。花火は美しいものではあるが、それだけではない。花火はいわば戦火の象徴であり、戦争を忘れないという、鎮魂の意味が込められている。日本各地で夏に開催される華やかな花火大会の多くには、二次大戦での戦死者への慰霊という目的があるのだ。

この映像では、花火の中を編隊を組んで飛ぶアンパンマン達の姿が、対空砲火をかいくぐって飛ぶ軍用機の姿とかぶる。しかし、戦争では軍用機は命を賭して爆弾を運んだが、アンパンマンは食料を運んでいる。たとえ食料を与えた結果、自身が危機に陥ることになっても。

アンパンマンに込められた平和への願い。「食足世平」という言葉が連想される。これは、

アンパンマンは実在する!