ソフト開発雑記
Entry List

2013.11.05

ブロマガ開設

最近はMMD関連での活動が多く、MMDerにはブロマガ使いが多いように思えましたので、私もブロマガを開設致しました:

今後はMMD関連は全てブロマガの方で書きます。

こちらのブログは釣りネタ等で続けていきますが更新は不定期。

2012.12.05

ギャラリー > 星空CG :
[星ナビ掲載作] 飛翔 (ハイブリッド星景)

1205hishyou_med.jpg

月刊「星ナビ」2013年1月号のギャラリーコーナー掲載作、ハイブリッド星景「飛翔」です。前景のシルエットは実写、背景の星は拙作「星風夜MMD」によるCGです。是非フル解像度版も閲覧してみて下さい、星ナビの掲載サイズでは再現しきれなかったディティールがわかります [ フル解像度版 4000x2667 ]

ちなみに「星ナビ」のギャラリーコーナーって、フォトコンテストではないんです。写真にかぎらず、天文アートなら何でも応募可 なんですよ。今でこそほぼ写真のみですが、創刊当初は素晴らしい手描きイラストを定期投稿してる方がいらっしゃったのを覚えています。確か本格的な3DCGアートもあったような。

星風夜MMDについて

[星ナビ掲載作] 飛翔 (ハイブリッド星景)

2012.08.26

プラネタリウム「星風夜」開発 : 胎内星祭りにてプラネタリウム「星風夜MMD」を展示したお話

0826_tainai_booth1.jpg

行って来ましたよ、胎内星まつり2012。日本最大かつ世界最大級の星祭りです。富山からはるばる片道320km、がんばって車で遠征してきました。写真は私の「星風夜MMD」のブースの様子。隙間から初音ミクさんが見えますね。

胎内星祭りにてプラネタリウム「星風夜MMD」を展示したお話

2012.07.04

プラネタリウム「星風夜」開発 : プラネタリウム「星風夜MMD」開発雑記

0630_sw_popTitle.jpg

プラネタリウム「Starry Winds ~星風夜~ for MMD」を作りました。紹介動画およびダウンロードはこちら「星めぐりの歌」PVはこちら

星風夜 MMD の特徴

プラネタリウム「星風夜MMD」開発雑記

2012.06.28

自作ソフト配布 > MMD配布物 :
プラネタリウム 「星風夜MMD」 v0.6c 配布

※ 最新情報は 星風屋ブロマガ@ニコニコ をご参照下さい。

MikuMikuDance (MMD) というフリーの定番3DCGアニメーション作成ソフト用にプラネタリウム・エフェクト「Starry Winds ~星風夜~ for MMD」(略称: 星風夜MMD) を作りました。その紹介&使い方説明動画です。動画を YouTube で視聴 (720P)

Starry Winds ~星風夜~ for MMD v0.6c のダウンロード

プラネタリウム 「星風夜MMD」 v0.6c 配布

2012.04.11

自作ソフト配布 > VirtualDub :
VirtualDub: Kagayaki フィルター (瞬き機能付きソフトフォーカス&クロス)

[ Click here to read English version of this article ] Kagayaki フィルターは、星空動画の情感を演出する、瞬き機能付きソフトフォーカス&クロスフィルターです。星空の微速度撮影動画の処理に加えて、静止画 (連番静止画ではなく単枚の静止画) を動画に用いる際の演出用にもお勧めです。夜景や花火にも適しており、汎用ソフトフォーカスフィルターとしてもご利用頂けます。

デモ動画

ぜひフルスクリーン&HDモードで閲覧して下さい。

ダウンロード

VirtualDub: Kagayaki フィルター (瞬き機能付きソフトフォーカス&クロス)

2010.01.26

ギャラリー : 未完のプラネタリウムソフト SkyExplorer (仮題) / An unfinishied planetarium software

An unfinished planetarium software project by me. Please watch it in fullscreeen and HD. Goal is to create the most "beautiful" ever desktop planetarium software using power of modern GPUs. Sorry but it is not yet available for download.

学生時代に作りかけてずっと放置してる未完のプラネタリウムソフトです。作りかけすぎるのでソフトを公開する気にはなれませんが、YouTubeがHDに対応しましたし、動画だけでも公開しておこうと思います。ぜひHD+フルスクリーンで御覧下さい。世界一「美しい」プラネタリウムソフトを目指して、いつの日か完成させたいですね。

未完のプラネタリウムソフト SkyExplorer (仮題) / An unfinishied planetarium software

2009.12.16

自作ソフト配布 > VirtualDub :
VirtualDub: Afterimage フィルター (残像効果生成)

[ Click here to read English version of this article ] VirtualDub (動画処理ソフトの一種 / フリーソフト) 用に Afterimage というプラグイン・フィルタを自作しました。これは、残像効果生成フィルタで、例えば流星群の微速度撮影ムービーに対して、流星が数コマかけて徐々に消えていく効果を付加することができます。また、残像の残存時間を長めまたは無限に設定することにより、日周運動に伴なう星の軌跡を生成する (短時間露光の比較明・多数枚コンポジットによる星景写真の動画化) ことも可能です。

使用例

2009年12/12(土)の深夜および12/13(日)の深夜に幸いにも晴れ、ふたご座流星群を堪能することができました。10秒露出でひたすら連射したデジカメ写真で微速度撮影動画を作成してみましたのでお楽しみ下さい。HD画質ですので、ぜひHDモードを有効にして全画面で見てくださいね。VirtualDubでは、残像効果生成に加えて、トーンカーブ補正を適用しています。その後、別の動画編集ソフトで編集して仕上げ。ちなみに、流星群の微速度撮影ムービー作成はこれが初挑戦でした。なお、この動画の作成手順はこちら

ダウンロード

VirtualDub: Afterimage フィルター (残像効果生成)